内田順三の出身高校

内田順三 プロ野球選手

内田 順三(うちだ じゅんぞう、1947年9月10日 - )は、元プロ野球選手(外野手)、野球指導者。静岡県三島市生まれ、清水市(現静岡市清水区)出身。

広島カープ・読売ジャイアンツの2球団で打撃コーチを務めた。

東海大一高では1965年の夏の甲子園に中堅手として出場。2回戦で三池工に敗退。三池工はこの大会に優勝。卒業後は駒澤大学へ進学。東都大学リーグでは1968年春季リーグに優勝。同年の全日本大学野球選手権大会では、決勝で田淵幸一らのいた法大に敗れ準優勝。1969年の第8回アジア野球選手権大会日本代表。リーグ通算85試合出場、259打数70安打、打率.270、12本塁打、46打点。ベストナイン3度受賞。1969年、ドラフト8位でヤクルトアトムズに大学の同級生大矢明彦と共に入団。

ルーキーながら一年目から一軍に定着し、1971年には大塚徹と右翼手のレギュラーを争い、規定打席には届かなかったものの打率.307の好成績を記録する。しかし翌年は打撃が低迷し、移籍してきたロペスに定位置を明け渡した。その後は準レギュラーとして起用されたが、1975年に、小田義人と共に、大杉勝男との交換トレードで、日本ハムファイターズへ移籍。

同年には右翼手の定位置を獲得し108試合に出場する。翌年も101試合に出場するが、ボビー・ミッチェル、ウォルター・ウィリアムスの両外国人選手が外野のレギュラーに座ったこともあり、1977年には、鵜飼克雄、皆川康夫、新美敏と共に、佐伯和司、宮本幸信、久保俊巳との4対3の交換トレードで広島東洋カープへ移籍した。

広島でも一年目には出場80試合ながら打率.331を記録、翌年も打率.327と好成績をあげるが、長打力不足もあってレギュラーには届かなかった。その後は徐々に出場機会が減り、1982年限りで現役引退。

引退後も広島に残り、二軍打撃コーチ補佐(1983年)、一軍打撃コーチ(1984年 - 1987年)、二軍打撃コーチ(1988年 - 1993年)を歴任。広島二軍打撃コーチとして小早川毅彦、緒方孝市、野村謙二郎、江藤智や前田智徳、金本知憲らの育成に力を注ぎ、赤ヘル野球の攻撃陣を支えた。

1994年~2002年には読売ジャイアンツ打撃コーチ(1994年 - 1997年途中・1998年は二軍打撃コーチ、1997年途中 - シーズン終了後まで・1999年 - 2002年は一軍打撃コーチ)として松井秀喜や高橋由伸、仁志敏久、清水隆行など多くの打者を育てた。2003年 - 2005年には山本浩二監督の要請で再び広島の一軍打撃コーチに復帰し、伸び悩んでいた嶋重宣、新井貴浩を開花させた。2006年 - 2007年には巨人の一軍打撃コーチに復帰し、2007年のリーグ優勝に貢献した。

2008年からは広島の打撃統括コーチに就任し、2011年は二軍打撃チーフコーチ、2012年からは二軍監督に就任、2014年9月24日に球団に監督辞任と退団を申し入れ了承された。10月2日に巨人の二軍打撃コーチに就任することが発表された。

2015年10月27日、2016年から巨人の一軍打撃コーチに就任することが発表された。

内田順三の出身高校

内田順三出身高校
東海大学付属翔洋高校 偏差値 静岡県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1896位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1947年9月10日生まれ

内田順三の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング