高橋三千丈の出身高校

高橋三千丈 プロ野球選手

高橋 三千丈(たかはし みちたけ、1956年11月10日 - )は、静岡県熱海市出身の元プロ野球選手(投手)。

静岡県立静岡商業高等学校では荒れ球の剛球投手として鳴らし、1973年春、1974年夏と甲子園に出場。1974年夏にはベスト8に進出している。1974年夏の静岡県大会では3試合連続ノーヒットノーランを記録している。同年のチームには2学年下に久保寺雄二、大石大二郎がいた。

その後は明治大学に進学し、ベストナインを獲得するなど同期の鹿取義隆と二枚看板として活躍。4年生時には主将も務めた。東京六大学リーグ通算55試合登板、18勝14敗、防御率2.36、156奪三振。

1978年のドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。1年目の1979年から先発投手としてそこそこの活躍を見せて期待されたが、右腕血行障害を患い、翌1980年から登板機会が減少する。1983年5月25日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)で完封勝利。この試合ではゴロや振り逃げ失敗などによるアウトが1つもなかったため、球界史上初となる無補殺完封勝利となったが、結果的にこれが最後の勝ち星となった。1984年限りで現役引退。

現役時代の主な球種はカーブ、フォーク、シュート。

引退後も球団に残り、1985年と1986年は二軍投手コーチ、1987年は一軍投手コーチ、1988年から1991年までは二軍投手コーチ、1992年は一軍投手コーチ補佐、1993年から1995年までは一軍投手コーチを務めた。1996年と1997年は日本テレビ・中京テレビ・東海ラジオ解説者、日刊スポーツ評論家を務め、1998年から2000年までは中日一軍投手コーチ、2001年と2002年は二軍投手コーチ、 2003年は一軍投手チーフコーチ、2004年から2008年までは二軍投手コーチを務めた。中京テレビ時代には『ズームイン!!朝!』の「プロ野球イレコミ情報」にも出演していた。

2009年からは前年秋のキャンプで投手インストラクターを務めたこともあり、韓国プロ野球・LGツインズの投手コーチに就任。当初は一軍担当だったが、チーム事情により6月から二軍担当に変更。2011年までLGに在籍し、2012年より韓国・起亜タイガースの投手コーチを務める。だが起亜でもシーズン開幕後の4月、チーム防御率リーグ最下位の責任を取らされる形で二軍担当に変更となり、同年限りで退団した。2013年からは中日の2軍投手コーチを務める。10月4日に球団から来季の契約を結ばない事が発表された。

高橋三千丈の出身高校

高橋三千丈出身高校
静岡商業高校 偏差値 静岡県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2732位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1956年11月10日生まれ

高橋三千丈の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング