国木田独歩の出身高校

国木田独歩

国木田独歩 作家

国木田 独歩(くにきだ どっぽ、男性、明治4年7月15日 (旧暦) 7月15日(1871年8月30日) - 明治41年(1908年)6月23日)は、日本の小説家、詩人。本名、哲夫。千葉県銚子市 銚子生れ。田山花袋、柳田国男らと知り合い「独歩吟」を発表。詩、小説を書いたが、次第に小説に専心。「武蔵野」「牛肉と馬鈴薯」などの浪漫的な作品の後、「運命論者」「竹の木戸」などで自然主義文学 自然主義の先駆とされる。1871年8月30日、国木田貞臣(専八)、まんの子として、千葉県銚子市 銚子に生れた。父専八は旧龍野藩 龍野藩士であった。戸籍には雅治(次)郎の子となっているが、その他の資料から判断して、父は専八であるらしい。後、専八は司法官となり、独歩は5歳から16歳まで父の転勤のため、山口市 山口、萩市 萩、広島市 広島、岩国市 岩国などに住んだ。錦見小学校簡易学科、山口今道小学校を経て、山口中学校に入学。同級の今井忠治と親交を結んだ。1887年、学制改革のために退学すると、今井の勧めで上京し、翌年東京専門学校(現、早稲田大学)英学科に入学。1889年7月10日、哲夫と改名。さらにこの頃から教会に通うようになり、植村正久を崇拝し、1891年1月4日に洗礼を受けた。この年、学校改革と校長鳩山和夫への不信のために同盟休校を行い、まもなく退学。

国木田独歩の出身高校

国木田独歩出身高校
山口高校 偏差値 山口県高校偏差値ランキング
作家ランキング
226位 / 702人中 作家別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1871年8月30日生まれ

国木田独歩の関連人物

作家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

国木田独歩の評判・つぶやき

  • 長澤まさみ☆.。.:*・

    長澤まさみ☆.。.:*・ 2年前

    [世界の性の名言集] 第三者の目より恋をする男女を見れば、ひとつの痴態にすぎず、されど恋する男女にとりては、その痴態も真剣なり、真面目なり。 国木田独歩(日本) https://t.co/nQhMaKh6LT"
  • 相互フォロー♥9nine

    相互フォロー♥9nine 2年前

    [世界の性の名言集] 第三者の目より恋をする男女を見れば、ひとつの痴態にすぎず、されど恋する男女にとりては、その痴態も真剣なり、真面目なり。 国木田独歩(日本) https://t.co/NFtAM3AbQW"
  • 十六夜数多#AQ-s☆宣伝隊長

    十六夜数多#AQ-s☆宣伝隊長 2年前

    んんん、自信どんどんなくなるよね、声真似上手い人の聞いちゃうと。やってる歴違うから とかそうやって言い訳ばかりして逃げるのは良くないのもわかるから、尚更練習したい。日向先輩、氷鷹北斗、国木田独歩、太田くん。頑張りたいな"
  • 名言集

    名言集 2年前

    読書を廃す、これ自殺なり。 by 国木田独歩 https://t.co/PnvuUdMJi4"
  • 文スト名言bot

    文スト名言bot 2年前

    「動揺は達人をも殺す。師匠の教えだ。」国木田独歩"
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 221

国木田独歩の関連著書

作家一覧

作家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング