ナオキの出身高校

ナオキ ミュージシャン

ナオキは、1975年の宝塚記念を制した日本の競走馬。ほかに鳴尾記念・中京記念を勝っている。母のエイトクラウンも1966年の宝塚記念を制しており、現在まで唯一の母子制覇となっている。4歳年下の半弟に天皇賞2着2回のクラウンピラードがいる。因みに、馬名の「ナオキ」はオーナーの娘婿の名前から由来している。

母が阪神3歳ステークスと宝塚記念を制したエイトクラウンと言う事で期待されたが、故障等もあり「最強世代」と称される花の1972年クラシック組に加わるどころか、トライアル競走にすら参戦出来ずに終わった。だが、年末オープンクラス入りした勢いで挑んだ翌年2月のオープン戦をレコードタイム勝ち、次走の中京記念も快勝して重賞優勝馬の仲間入りを果たした。

父・サウンドトラックに似て非常に胴の長い体型であったが、短距離系の父の倍以上の距離でも好走した。事実、2400mの鳴尾記念で2分27秒1のレコード勝ちをしている。本来は中距離で持ち味を発揮する馬であったが、当時は今と違い中距離競走体系が整っていなかった事もあり、本来の能力を出し切れずに終わった。その様な時代故に距離不適な天皇賞にも5回挑戦するが、結局全て敗戦に終わった。ラストランとなった天皇賞(秋)も、道中で故障発生した事もあり7着に沈んでいる(優勝・フジノパーシア)。

引退したナオキは、生まれ故郷の大塚牧場で種牡馬生活を開始した。だが、肝心の産駒の成績が思わしくなく間も無くシンジケートは解散。1983年秋、薬莱軽種トレーニングセンターに移る事となった。その後は、種付け頭数は少ないものの充実した生活を送っていたが、1990年のこどもの日に久し振りの種付け中に心臓発作を起こし急死してしまった。

ナオキの出身高校

ナオキ出身高校
淀川工科高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
ミュージシャンランキング
755位 / 828人中 ミュージシャン別偏差値ランキング
生年月日
1975年の宝塚記念を制した日生まれ

ミュージシャン偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


ミュージシャン一覧

ミュージシャン偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング