いばらきけんりつおおただいいちこうとうがっこう

太田第一高校  偏差値

太田第一高校(いばらきけんりつおおただいいちこうとうがっこう)は、茨城県常陸太田市栄町にある公立学校県立高等学校。1900年に茨城県立水戸第一高等学校の太田分校として設立される。2003年度に県立高校としては、県立牛久栄進高校に次いで単位制(進学重視型)が導入された。水郡線と日立電鉄線の終着駅があった事などから、常陸太田市だけでなく日立市、那珂市、東海村、常陸大宮市、大子町等近隣の市町村各地から学生が集まり、これまでに約27000名の卒業生を送り出している。内閣官房長官を勤めた梶山静六氏を始め、常陸太田近隣出身の有力者の中には太田第一高等学校の卒業生も多い。また、毎年4月の第3土曜日に卒業50年、卒業25年を迎えた先輩が母校に集まって、在校生と一緒に盛大な祝賀式を行うという全国的にも珍しい行事が行われている。

偏差値
57 (普通科)
全国偏差値ランキング
1171位 / 4321校 高校偏差値ランキング
茨城県偏差値ランキング
29位 / 103校 茨城県高校偏差値ランキング
茨城県県立偏差値ランク
17位 / 81校 茨城県県立高校偏差値ランキング
住所
茨城県常陸太田市栄町58 茨城県の高校地図
最寄り駅
公式サイト
太田第一高等学校
種別
共学
県立/私立
公立

太田第一高校入学難易度 3.56

太田第一高等学校を受験する人はこの高校も受験します

太田第一高等学校と併願高校を見る

太田第一高等学校の卒業生・有名人・芸能人

職業から有名人の出身・卒業校を探す

太田第一高等学校に近い高校

太田第一高等学校 参考書 過去問題集

太田第一高等学校の参考書一覧