黒瀬純の出身高校

黒瀬純 タレント

パンクブーブー(PUNK BOOBOO)はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の日本のお笑いコンビ。通称、「パンブー」。2009年M-1グランプリ、THE MANZAI 2011優勝者。

(さとう てつお、1976年4月3日(39歳) - )

(くろせ じゅん、1975年5月8日(40歳) - )

メンバーは元々吉本興業福岡事務所(現・よしもとクリエイティブ・エージェンシー福岡事務所 以下「福岡吉本」と記述する)に所属し福岡での活動を経て上京、東京吉本の所属となる。

佐藤は6期生、黒瀬は8期生として福岡吉本でデビュー。佐藤は約6年間、黒瀬は約4年間福岡吉本に在籍していた。パンクブーブー結成前までは、佐藤は「モンスターズ」、黒瀬は「バレッタ」という別のコンビで活動していた。初対面は黒瀬を含む福岡吉本8期生の歓迎会で、佐藤はその二つ上の先輩として彼らと顔を合わせた。お互いの第一印象は佐藤→黒瀬「ダサイ奴」(黒瀬曰く、「当時は重ね着さえすればお洒落だと思っていた」といい、「重ね着の黒瀬」というあだ名がつけられていたらしい)、黒瀬→佐藤「寡黙で雰囲気のある、ちょっと怖い先輩」であり、とりたてて好印象というわけではなかった。それからしばらくは特に大きな接点のないままであったが、パチンコ好きで目押しが得意だった2人は深夜パチンコ番組のレギュラーに選ばれ、それをきっかけに親交を持つようになる。ちなみに、この番組のMCを務めていたのは、後に佐藤の義兄となるコンバット満。

その後、ほぼ同時期にお互いのコンビは解散。上京を考えていた2人は自然と行動を共にするようになる。そして、たまたまボケとツッコミだったということから、「東京で相方を探すのは大変」「とりあえず2人でやってみようか」という流れになる。偶然と成り行きが重なった形で、2001年4月に佐藤と黒瀬でコンビ結成。結成時について2人は「フワフワした感じで組んだ」と語っており、「『才能に惚れた』『こいつとなら自分が目指すお笑いが実現できると思った』『お笑い芸人としての将来を誓い合った』等の素敵で感動的なエピソードは一切無い」と語っている。

ちなみに結成当初のコンビ名は、「ブーブー・ザ・パンク」だったが、程無くして現在のコンビ名「パンクブーブー」に改める。コンビ名の由来は、それぞれの解散してしまったコンビを車に例え、「車(ブーブー=コンビ)がパンクしてもくっついて力を合わせればまだ走れる」という意味。ただ、M1GPでは後述のようにそのコンビ名が原因で、スポンサーがカー用品店だっただけに扱いに苦慮していたというエピソードもある。

当時の福岡吉本では所長の方針で、「事務所の許可なしに芸人自身の判断で東京の事務所へ移籍することは認めない」というものがあり、どうしても上京したい芸人は「一度吉本を辞め、東京吉本のオーディションを受けて入り直す」というのが慣例であった(佐藤の同期で彼らよりも先に東京進出したヒロシやスパローズが、上京の際に吉本を離れたのもこのため)。上京にあたり、パンクブーブーもこれにならって一度吉本興業を辞める。東京に来たときには、吉本にこだわらず東京の芸能事務所のオーディションに参加していた。それから間もなく、東京に転勤になったその福岡吉本所長(二人を事実上解雇した張本人)から謝罪を受け、「吉本の新しい劇場(ルミネtheよしもと)がもうすぐ完成するから、もう一度吉本に来い」と誘われる。結果、再び吉本入りを決意。ルミネの誕生と共にルミネの舞台に立ち続けている数少ない芸人でもある。

結成から2年後の2003年、NHK『爆笑オンエアバトル』に初出演し、番組記録タイとなる高得点をマーク(詳細は後述)。一躍、コアなお笑いファンの注目を集める存在となる。その後も当番組に継続出演し、屈指の強豪として知名度を上げ、当番組を支える一組となった。

第2回、第3回お笑いホープ大賞で決勝進出。第2回大会の決勝では珍しくコントを披露したが、ネタの途中で女装していた佐藤のパンツが見えてしまい、それを見た黒瀬が笑ってしまって後半のネタがおかしくなり優勝を逃した。

2009年、『M-1グランプリ2009』で優勝。九州出身の芸人、且つ吉本所属の関東漫才師として初の受賞。また、大阪を除く吉本地方事務所出身者としても初の優勝。

2010年10月7日フットボールアワーのオンラインを担当したが、麒麟のオンライン2回、フットボールアワー1回担当したのは覚えていたがオリエンタルラジオのオンラインを担当していたことを忘れていた。2010年10月19日ペナルティーのオンラインを担当した。

2010年、『M-1グランプリ2010』にて、準決勝で敗退するも敗者復活を勝ち上がり決勝進出。最終結果は3位。

2011年、M-1グランプリの後継番組となる『THE MANZAI 2011』に、歴代M-1王者の中で唯一出場し認定漫才師に選ばれる。2回の本戦サーキットでどちらも1位を獲得しトップ成績で決勝進出。2位の磁石に10ポイントという大差を付けていた。12月17日、THE MANZAI 2011決勝戦で優勝を果たし、2009年のM-1グランプリと合わせて2冠を達成した。

『THE MANZAI 2011』の優勝商品である「フジテレビの番組レギュラー権」として、2012年1月9日よりパンクブーブー初の冠番組『ミタパンブー』が開始。『おかっちM.C. THE MANZAI 応援宣言!』の後番組で、月-木曜日の深夜24:35-24:45に放送される帯番組となる。

2012年8月8日、三田友梨佳(フジテレビアナウンサー)「恋のミタパン」シングルと同時に、彼らもシングル「恋のパンクブーブー」を発売、同日フジテレビ夏のイベントお台場合衆国のCD発売イベントで揃ってデビュー曲を披露。

黒瀬純の出身高校

黒瀬純出身高校
東福岡高校 偏差値 福岡県高校偏差値ランキング
タレントランキング
829位 / 2188人中 タレント別偏差値ランキング
生年月日
1976年4月3日生まれ

タレント偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


タレント一覧

タレント偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング