鮎川義介の出身高校6

鮎川義介 実業家

鮎川 義介(あいかわ よしすけ、或いは、あゆかわ ぎすけ、1880年 1880年(明治13年)11月6日 - 1967年 1967年(昭和42年)2月13日)は、明治末期から昭和後期にかけて活躍した実業家、政治家。日産コンツェルンの創設者。 1880年(明治13、0歳):明治の元勲井上馨の実姉の長女を母とし、旧長州藩士 鮎川弥八(10代目)を父として、山口県氷川郡大内村(現在の山口市大内地区)に生れた。 1903年(明治36、23歳):東京帝国大学工科大学機械科を卒業後、東芝 芝浦製作所に入社。身分を明かさない条件で日給48銭の職工となる。:その後、当時の技術はすべて西欧の模倣であったので、西欧の状況を体験すべくアメリカ合衆国へ渡る。約1年強を可鍛鋳鉄工場で労務者として働く。

鮎川義介の出身高校

鮎川義介出身高校
山口高校 偏差値 山口県高校偏差値ランキング
実業家ランキング
124位 / 412人中 実業家別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1880年〈明治13年〉11月6日生まれ

鮎川義介の関連人物

実業家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

鮎川義介の評判・つぶやき6

  • エリック ・C

    エリック ・C 3年前

    世界を牛耳って来たのはロスチャイルドだと今の日本では広まっているが、おそらくロックフェラーの手先によって広められたものだろう。その日本を牛耳ってきたのは三井、三菱、住友、安田、渋沢栄一、鮎川義介などだ。みんなどれも自分を守るためには何でもやる。資本主義とはそういうものだ。"
  • jet-rags#

    jet-rags# 3年前

    古来事業をなすには、天の時、人の和と言い伝えられているが、これを貫くに"至誠"をもってしなくては、事業の成功を期すことはできない。   鮎川義介 日産コンツェルン総帥"
  • 腑抜けとバカと守銭奴しかいない政治家

    腑抜けとバカと守銭奴しかいない政治家 3年前

    戦争前に日本の財政事情を全部知っていたアメリカ: 満州重工業の総裁鮎川義介がサッスーンのところに行って、カネ貸してくださいと。 (cont) "
  • ほのぼの

    ほのぼの 3年前

    古来、事業をなすには天のとき、地の利、人の和と言い伝えられているがこれを貫くに至誠をもってしなくては事業の成功を期することはできない。出典鮎川義介の名言 厳選集"
  • 佐野 明慶

    佐野 明慶 3年前

    「高等教育を受けた者はみなバタ臭い方向に行って、みそ、しょう油を作る仕事はいやしい仕事として敬遠されている」日産コンツェルン創始者の鮎川義介の言葉です。大学卒業後、様々な工場を見学した彼が得た感想がこの言葉です。今も残念ながらこうした傾向は続いていると言えるでしょう。"

鮎川義介の関連著書

実業家一覧

実業家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング