高田元三郎の出身高校

高田元三郎 ライター

高田 元三郎(たかだ もとさぶろう、1894年 1894(明治27)年 - 1979年 1979(昭和54)年)は、日本のジャーナリスト。大正期に「ワシントン会議」「ジェノア世界経済会議」等の報道に当たるなど、国際ジャーナリストの先駆的存在として活躍。1972年には勲一等瑞宝章を受章した。1894(明治27)年、東京の日本橋 (東京都) 日本橋に生まれる。後に千葉県の佐倉市 佐倉へ転居し旧制佐倉中学校(現在の千葉県立佐倉高等学校)を卒業。夏目漱石に傾倒し作家を志望、東京大学文学部英文科へ進んだが、漱石自身からの助言もあり作家を断念する。1917年 1917(大正6)年、大学卒業とともに毎日新聞社 大阪毎日新聞社に入社。1919年よりアメリカ合衆国 アメリカ特派員としてニューヨークへ派遣、ワシントンD.C. ワシントンで開催された第1回国際労働会議を取材。1921年には「ワシントン会議」、1922年には「ジェノア世界経済会議」の報道に当たった。1929年、「東京日日新聞」へ転じ1942年には代表取締役になる。1943年に「東京日日新聞」と「大阪毎日新聞」が統一し「毎日新聞」となった後も代表取締役を務め、1950年には毎日新聞社最高顧問となった。

高田元三郎の出身高校

高田元三郎出身高校
佐倉高校 偏差値 千葉県高校偏差値ランキング
ライターランキング
9位 / 34人中 ライター別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1894年1894(明治27)年生まれ

高田元三郎の関連人物

ライター偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


高田元三郎の関連著書

ライター一覧

ライター偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング