高瀬愛実の出身高校

高瀬愛実 サッカー選手

高瀬 愛実(たかせ めぐみ、1990年11月10日 - )は、北海道北見市出身の女子サッカー選手。INAC神戸レオネッサ所属。ポジションはフォワード。

2男3女の末っ子で、ノルディーア北海道所属選手の高瀬行祈は姉、グルージャ盛岡所属選手の高瀬証は兄(次男)。

中学生時代は北海道内のクラブチーム、釧路リベラルティでプレー。在籍中にU-15北海道選抜に選出され、全日本女子ユース (U-15)サッカー選手権大会に出場した。卒業後、姉を追う形で北海道文教大学明清高等学校に進学し、女子サッカー部に入部。北海道女子サッカーリーグや北海道女子サッカー選手権、北海道高等学校女子サッカー選手権、北海道女子ユース (U-18)サッカー選手権などに出場した。北海道女子リーグでは、2年連続得点王となった。

2009年、高校卒業後、INAC神戸レオネッサに入団。ルーキーイヤーとなった同年度は、リーグ戦19試合に出場し16得点を叩き出し、同年度得点王の安藤梢に次ぐ成績を修めた。シーズン終了後にはリーグ表彰で、同年度新人王を受賞した。また、AFC U-19女子選手権2009に日本代表の一員として出場し優勝を経験した。

2010年1月、日本女子代表(なでしこジャパン)に19歳で初選出された。

2011年6月、なでしこジャパン2011 FIFA女子ワールドカップのメンバーに選出され、準決勝のスウェーデン戦に途中出場した。

2012年3月、アルガルヴェ・カップ2012では決勝進出をかけた第3戦アメリカ戦に途中出場すると、0-0で迎えた後半38分にヘディングで値千金の決勝ゴールを決めた。日本はW杯決勝でPK戦の末アメリカを破っているが、PK戦での決着は公式記録では引き分け扱いとなるため、日本は高瀬のゴールでアメリカ戦26戦目にして公式記録上初勝利(1勝4分21敗)となった。

2012年のなでしこリーグでは、パスサッカーに馴染めずスランプに陥った昨シーズンとは対照的に序盤から好調を維持。五輪後に右ウイングから左ウイングへポジションチェンジしてからはハットトリックを3度達成するなど量産体勢に入り、このシーズン、リーグ戦18試合で20得点を挙げ、自身初のなでしこリーグ得点王を獲得すると共に、なでしこリーグ最優秀選手賞(MVP)も受賞した。

(2015年8月8日現在)

高瀬愛実の出身高校

高瀬愛実出身高校
文教大学明清高校 偏差値 北海道高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
1542位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1990年11月10日生まれ

高瀬愛実の関連人物

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング