高橋卯之助の出身高校

高橋卯之助

高橋卯之助 学者

高橋 卯之助(たかはし うのすけ、男性、1833年(天保4年) - 1902年(明治35年))は、日本の数学者。明治6年の太陰暦の廃止、太陽暦への改暦の準備を行った。通称は卯之助だが、後に卯と改めた。本名は高橋義泰。1833年(天保4年)、下総国佐倉藩(現在の千葉県佐倉市)に佐倉藩士、高橋弥七の子として生まれる。佐倉藩の藩校、成徳書院(現在の千葉県立佐倉高等学校の前身)で関流和算を学び、「見題印可」「陰題印可」「伏題印可」の免許を受ける。後に香港へ留学。1870年(明治3年)に政府が大学南校(現在の東京大学)に天文暦道局を設置したさい編暦の実際を担当。文部省十二等出仕となり太陽暦採用への準備を担当した。改暦後は東京大学理学部星学科観象台(後の東京天文台、現在の国立天文台)に勤務した。

高橋卯之助の出身高校

高橋卯之助出身高校
佐倉高校 偏差値 千葉県高校偏差値ランキング
学者ランキング
375位 / 1026人中 学者別偏差値ランキング
性別
男性

高橋卯之助の関連人物

学者偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

高橋卯之助の評判・つぶやき

  • 蓑田胸喜bot

    蓑田胸喜bot 4年前

    川合貞一博士、山崎又二郎氏、小泉信三氏の如きは慶応出身の教授として小生等の思想運動を理解せられた代表的の人々であり、若宮卯之助、加藤繁、高橋龍雄の三教授は同志として心からの共鳴協力激励を賜りました。 (『原理日本(第八巻第三号)』「編輯消息」)"

学者一覧

学者偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング