高森泰男の出身高校

高森泰男

高森泰男 サッカー選手

高森 泰男(たかもり やすお、旧姓:景山、1934年3月3日 - )は日本出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはFB。

関西高等学校時代の1951年に全国高等学校蹴球選手権大会(後の全国高等学校サッカー選手権大会)でベスト8進出。大学は立教大学に進学し、1953年には高林隆と共に日本学生選抜に選出され、ドイツのドルトムントで開催された国際大学スポーツ週間(ユニバーシアードの前身)に出場した。

卒業後の1956年に日本鋼管サッカー部に入部。闘志を前面に出した激しいディフェンスで中心選手として活躍、高森のプレースタイルは後の日本鋼管のチームカラーとなるなど、強い影響力を与えた。また1962年から1966年まで選手兼任監督を務めた。

日本代表としては、1955年の東南アジア遠征で代表デビュー。1956年6月のメルボルンオリンピック予選、。同年11月の本大会、1958年に日本で開催された第3回アジア競技大会、1959年のローマオリンピック予選、1960年のワールドカップ・チリ大会予選に出場するなど、国際Aマッチ24試合に出場した。

高森泰男の出身高校

高森泰男出身高校
関西高校 偏差値 岡山県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
619位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング