高林恒夫の出身高校

高林恒夫 プロ野球選手

高林 恒夫 (たかばやし つねお、1938年1月12日 - 2009年9月5日)は、昭和中期(1960年代前半)のプロ野球選手(外野手)。

東京都神田出身。錦華小学校を経て、立教中学校(現・立教池袋中学校)で野球を始める。立教高校(現・立教新座高校)では1年生からレギュラーとなり、1955年の春の甲子園に出場する。

1956年立教大学に入学。3年生から外野手のレギュラーとなり、4年生となった1959年秋期シーズンで打率.432を打ち首位打者を獲得する。東京六大学リーグで通算50試合出場、181打数50安打、打率.309、0本塁打、15打点。ベストナイン3回。

1960年に熊谷組に入社し、同年の都市対抗野球大会に4番・左翼手で出場、4試合で16打数10安打、打率.625と大活躍した。特に決勝の対松下電器戦では2回の先制本塁打のほか、延長10回の決勝点に結びつく安打など5打数5安打と大暴れして優勝に貢献、橋戸賞を獲得する。

アマ球界での実績を引っさげ、1961年読売ジャイアンツに入団。高林に押し出されるように中日ドラゴンズに放出された与那嶺要の後を受け背番号7を付ける。打者の癖を読んで守備位置を変えるなど、頭脳的な外野守備を買われて、同年新人ながら119試合に出場し、無失策を記録した。しかし翌1962年には打率.152と不調に陥り、宮本敏雄・池沢義行に押されて出場試合数が激減する。シーズン終了後、北川芳男との交換トレードで宮本敏雄と共に国鉄スワローズに移籍した。国鉄では左翼手のレギュラーとして主に一番や二番などの上位を打ち、3年間常時出場するが、1965年限りで現役を引退した。

現役引退後は、神田神保町にある家業の古書店「東陽堂書店」の経営に当たった。2009年9月5日、劇症肝炎の為に死去。71歳没。

息子の高林孝行も父と同じ野球選手となった後、引退後は家業を継いでいる。

高林恒夫の出身高校

高林恒夫出身高校
立教新座高校 偏差値 埼玉県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
70位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1938年1月12日生まれ

高林恒夫の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング