高木虎之介の出身高校

高木虎之介

高木虎之介 スポーツ選手

高木 虎之介(たかぎ とらのすけ、1974年2月12日 - )は、日本のレーシングドライバー。静岡県静岡市出身。東海大学工業高校(現・東海大学付属翔洋高等学校)卒業。愛称は「虎」「虎之介」など。

カートデビュー後の1989年に、全日本ナショナルカートA2クラスでシリーズ優勝し注目を浴びた。翌1990年には全日本カート選手権A2クラスで優勝した。1992年にフォーミュラ・トヨタに参戦した。

1993年より全日本F3選手権に参戦。1993年は2度の入賞(最高位は4位)により5ポイントを挙げ、その後同じくF1ドライバーとなる井上隆智穂に次ぐランキング10位となる。1994年は3度の表彰台を含め5度の入賞(最高位は3位)。15ポイントを挙げランキング6位となる。

1996年と1997年は、全日本F3000を引き継いだフォーミュラ・ニッポンにチャンピオン候補として参戦するも安定した成績を残せずチャンピオン獲得はならなかった。しかし、中嶋の支援もあり翌1998年からティレルでのF1参戦が決まる。なお、1997年はティレルのテストドライバーを兼任するとともに、翌年からのF1参戦を見据えてのサーキット習熟を目的にF1と併催のポルシェカップへも参戦した。

1998年、かつて中嶋と片山右京も所属していた中堅チームのティレルから、前年のテストドライバーを経てレギュラードライバーに昇格してデビュー。全てのレースで予選に通過したが入賞はなく最高位は9位。チームメイトはシーズン開幕ギリギリまで決まらなかったが、ティレルを買収したB・A・R代表クレイグ・ポロックが、持参金を持ち込んだリカルド・ロセットをドライバーに起用するようティレルに要求したため、彼がチームメイトとなる。ロセットは5レースで予選通過に失敗するなど、チームとしての成績も低迷した。

チームとしてのベストはカナダGPでの8位完走(ロセット)であり、高木はロセットを予選や決勝で終始上回っていたが両ドライバーとも入賞することはなかった。高木自身もイタリアGPのウォームアップランで4位に入るのがやっと。凱旋レースとなった日本GPではレース中盤にシケインでミナルディのエスティバン・トゥエロに激突されてリタイアするなど、最後まで苦難の一年となった。さらにチームはすでにB・A・Rに買収されており翌年以降は新体制で参加することを表明したため、この年をもってティレルは解散した。

アロウズへ移籍し、ペドロ・デ・ラ・ロサとコンビを組んだ。この年も全てのレースで予選に通過したが、完走は4回で入賞はなし。最高位は開幕戦オーストラリアGPの7位。デ・ラ・ロサも完走4回と、マシンの信頼性にも苦しめられた。チームとしてのベストはオーストラリアGPの6位入賞(デ・ラ・ロサ)。

翌2000年はF1レギュラーシートを失い、やむなく国内レースに復帰。中嶋企画からフォーミュラ・ニッポンに参戦し、シリーズ10戦中8勝という圧倒的な強さでシリーズチャンピオンに輝く。この時の高木の速さの要因を土屋圭市は「彼はシフトダウンが他のドライバーと比べてとても速い。他人が“ブーンブーン”と落とすところを“ブンブン”で済ましちゃう。だから奥まで突っ込めるし、アクセルを開けるのも早くできる」と分析している。その後、日本GPにB・A・Rからスポット参戦が決定したが、結局走ることはなかった。

2001年からのF1復帰を模索するがシートを得ることができず、トヨタからの誘いを受けチャンプカー・ワールド・シリーズ(CART)に参戦。同時に中嶋企画を離れ、自身のマネージメント会社・高木企画を設立し独立した。

2003年にレギュレーションの問題からトヨタがエンジンの供給先をインディカー・シリーズ(IRL)に変更したことに伴い同シリーズへ移籍するが、結局2004年シーズンを最後にアメリカから撤退。

CARTとIRLへの参戦は、トヨタF1からのF1復帰を見据えたものだったが、高いパフォーマンスを見せることができず成績は低迷。この原因としては、多くの関係者が「F1時代を含めて長期間海外のレースを戦っているにも関わらず、なかなか語学力が向上せず、最後までエンジニアとの間のコミュニケーションに問題を抱えていた」ことを指摘している。

2005年より再び国内レースに復帰し、自らのチーム(TAKAGI PLANNING with CERUMO)でフォーミュラ・ニッポン、セルモからSUPER GT(GT500クラス)の両シリーズに参戦。フォーミュラ・ニッポンでは、かつての圧倒的なパフォーマンスは見られず、本人の「CART/IRLはオーバルコースが多いため、ロードコースでのドライビングが下手になってしまった」という言葉通り精彩を欠いた。一方のSUPER GTでは、これまで本格的なツーリングカーレースへの参戦は無かったものの立川祐路とのコンビでシリーズチャンピオンを獲得した。

以降、フォーミュラニッポンには2006年と2007年にチームルマンから参戦したが、結果を残すことはできなかった。SUPER GTには引き続きセルモから2007年まで参戦(通算4勝)し、2008年はサードから参戦したが未勝利に終わった。

2009年より自身のレース活動を休止し、カートショップ及びカートチームのオーナーとして後進の育成活動に力を注ぐ他、2010年よりかつて在籍しチャンピオンを獲得したSUPER GTのセルモの監督としても活動している。

高木虎之介の出身高校

高木虎之介出身高校
東海大学付属翔洋高校 偏差値 静岡県高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
1053位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1974年2月12日生まれ

高木虎之介の関連人物

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング