高木成太の出身高校

高木成太 プロサッカー選手

髙木 成太(たかき なりた、1977年4月5日 - )は、長崎県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

プロ選手としてのキャリア後半はDF登録であったが本来はMFであり、J1、J2では主にボランチで起用された。

1993年長崎県立国見高校に入学。全国高等学校サッカー選手権大会に2度(第73回 (1994年)、第74回 (1995年))出場したが、第73回は3回戦、第74回は2回戦で敗退した。なお、同級生に船越優蔵、松本磨、百武義成などがいる。

ブレイズ熊本所属時にASAYANのJリーガーオーディションで落選したが、これがきっかけのひとつとなりヴェルディ川崎に入団した。

横浜FC草創期のメンバーで、JFLからJ2への昇格を果たした時の中心選手。

2005年のアルテ高崎所属時には、天皇杯3回戦で横浜FCと三ツ沢球技場で対戦した際に横浜FCサポーターから大きなブーイングを受けた。 また、試合終了後には三浦知良とユニフォーム交換もしている。

FC岐阜所属時の2006年12月16日、自身の公式ファンサイトにおいて2007年1月13、14日の東海社会人サッカートーナメント大会を最後に引退を表明。

2007年1月、三重県営鈴鹿スポーツガーデンで行われた東海社会人トーナメントでM.I.E.ランポーレFCの東海社会人サッカーリーグ昇格を果たし、プロ選手としてのキャリアを終了する。

なお東海社会人トーナメントの結果は、13日のFCゴール(愛知県1位)は4-0、14日のヤマハ発動機(静岡県1位)は1-0で勝利した。

2007年2月20日横河武蔵野FCユースの監督となったが、同年4月5日(本人の誕生日)監督を辞している。

2007年6月より NSPサッカースクール のプロデュースとコーチを墨田区および葛飾区を中心として行っている。

2009年度より NSP Club U-15 にて少年指導に力を注いでいる。横浜FCサッカースクール スクールマスターでもある。

2009年度より東京都社会人サッカーリーグ所属の NSP CLUB でアマチュアとして現役復帰を表明し、2008年12月14日から同クラブにて東京都北区サッカー協会会長杯の初戦から選手として復帰し、見事優勝をしている。

2010年11月、FC鈴鹿ランポーレの監督に就任し、翌年からの指揮を執ることが発表された。選手としても登録されている。

2012年10月、就任2年目にして東海リーグを制す。開幕戦から1度も首位に立つことなく最終戦にFC岐阜SECONDに逆転勝利し、逆転優勝した。

2014年12月、FC鈴鹿ランポーレの監督を退任。その後はFC鈴鹿ランポーレの強化部長を務めていたが、2015年2月に退団が発表された。

2015年4月投開票の鈴鹿市議選に立候補し、1,293票を得票したが落選した。

高木成太の出身高校

高木成太出身高校
国見高校 偏差値 長崎県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
753位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1977年4月5日生まれ

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング