高木善朗の出身高校

高木善朗 プロサッカー選手

高木 善朗(たかぎ よしあき、1992年12月9日 - )は神奈川県横浜市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・東京ヴェルディ所属。ポジションはMF、FW。

父は元プロ野球選手の高木豊。高木三兄弟の次男である。兄は浦和レッズ所属の高木俊幸。弟の高木大輔はチームメイト。。元U-23日本代表。

神奈川県所在のあざみ野FCに幼稚園年中で、兄・俊幸と同時期に入団。俊幸は小学校入学時に一時辞めているが、善朗は続けている。2005年に東京ヴェルディジュニアユースに加入。同年U-13日本ユース選抜チームに選出され、韓国で開催されたユーストーナメントに出場、決勝戦で2得点を挙げて優勝に貢献した。ジュニアユース時代には中学2年時の2006年度に日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会で3位を経験した。中学3年時の2007年度はユースチームで試合に出場し、Jユースカップでは予選リーグで1得点を挙げた。

2008年にユースチームに昇格。翌2009年U-17日本代表に選出されて2009 FIFA U-17ワールドカップに出場した。グループリーグ3試合に出場し、うちブラジル戦では35分に先制点を挙げた。

2009年3月、兄・俊幸ともどもトップチームに2種契約選手として登録された。翌2010年3月14日、J2第2節ロアッソ熊本戦でリーグ戦デビュー、9月12日の第25節横浜FC)戦でリーグ初得点を挙げた。9月17日に、プロA契約を締結 し、トップチームに完全昇格。同年度中は33試合の出場で5得点を挙げ、うち第25節、第27節徳島ヴォルティス戦、第28節ギラヴァンツ北九州戦の計3試合で兄弟揃っての得点を挙げた。

2011年6月、オランダ・エールディヴィジのFCユトレヒトへの移籍が決定。契約期間は3年+2年の延長オプション付きとユトレヒト公式サイトから発表された。

2011年12月4日、エールディヴィジ第14節FCトゥウェンテ戦で、移籍後初出場を果たす。第16節のフェイエノールト戦で移籍後初のフル出場でアシストも記録。2011-12シーズン最終節のローダJC戦で初得点を決めた。最終的に、オランダでの初シーズンは、15試合に出場して1得点6アシストを記録した アシスト数はチーム最多であった。。

2013年2月22日、練習中に左手首を骨折し、後日手術を受けた。2012-13シーズンの出場はわずか7試合に留まった。

2013年12月21日、兄・俊幸の所属するJ1清水エスパルスへの完全移籍が発表された。

2015年3月3日、クラブのホームページで一般女性と結婚したことを発表した。

2015年7月15日、期限付き移籍で古巣の東京ヴェルディに4年ぶりに復帰した。契約は、2016年1月1日までとなる。

その他の公式戦

高木善朗の出身高校

高木善朗出身高校
日出学園高校 偏差値 千葉県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
265位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1992年12月9日生まれ

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング