駒田桂二の出身高校

駒田桂二 プロ野球選手

駒田 桂二(こまだ けいじ、1926年1月30日 - 2012年8月1日)は大阪府布施市(現:東大阪市)出身のプロ野球選手。

1949年シーズン中に東洋紡績から大阪タイガースに入団。当初は制球力に難があったが、それを克服し1950年に頭角を現し7勝を挙げる(6敗)。カーブが武器の投手であった。翌1951年には11勝を挙げる。その後は、先発投手としてチームを支えた。1956年オフに退団し、東洋紡績に復帰した。2012年8月1日、死去。86歳没。

1951年7月25日の大阪球場での松竹戦で、本塁打を放ったが、相手投手がボークだったため無効となり、幻の本塁打となった。 その3年後の同日・同球場(1954年7月25日の大阪球場)での対中日戦で、杉山悟が放った幻の本塁打の対戦投手であり、幻の本塁打を打者と投手で係わった唯一の選手となった。

駒田桂二の出身高校

駒田桂二出身高校
東商業高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
3373位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1926年1月30日生まれ

駒田桂二の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング