香川松石の出身高校

香川松石 芸術家

香川 松石(かがわ しょうせき、弘化元年1月15日 (旧暦) 1月15日(1844年3月3日) - 明治44年(1911年)9月28日)は、学校で用いられる書道の教科書を記した書道家。千葉師範学校(現在の千葉大学教育学部)教諭。通称、香川熊蔵。1844年、下総国佐倉市 佐倉(現在の千葉県佐倉市)に生まれる。佐倉藩の藩校である成徳書院(現在の千葉県立佐倉高等学校の前身)で書学を学び、書風は初め成徳書院書学所の師範の平林庄右ェ門、同岡田耕鶴(長尾流)らの御家流の影響を受けた。のちに日下部嗚鶴に学ぶ。1881年に千葉県師範学校(現在の千葉大学教育学部)習字科の教師となり、翌年、初の小学校の習字教科書『楷書千字文』を刊行。その他、文部省から依頼を受けて国定教科書の習字の手本を執筆し800冊以上の教科書を出版、全国の書道教育の定着に貢献した。明治44年9月、66歳で没する。墓は千葉県千葉市の本教寺にあり千葉寺に彰徳碑がある。

香川松石の出身高校

香川松石出身高校
佐倉高校 偏差値 千葉県高校偏差値ランキング
芸術家ランキング
36位 / 327人中 芸術家別偏差値ランキング
性別
女性

芸術家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


香川松石の関連著書

芸術家一覧

芸術家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング