香取秀真の出身高校

香取秀真 学者

香取秀真出身高校
佐倉高校 偏差値 千葉県高校偏差値ランキング
学者ランキング
375位 / 1027人中 学者別偏差値ランキング
性別
女性
生年月日
1874年(明治7年)1月1日生まれ

香取 秀真(かとり ほつま、1874年(明治7年)1月1日 - 1954年(昭和29年)1月31日)は、日本を代表する鋳金工芸作家、歌人。学問としての金工史を確立し研究者としても優れた。美術工芸家としては初めての文化勲章受章者。東京美術学校(現在の東京芸術大学)教授、芸術院会員。帝室博物館(現東京国立博物館)技芸員、国宝保存会常務委員、文化財審議会専門委員などを歴任。秀真は雅号で、本名は秀治郎。人間国宝の香取正彦は秀真の長男。千葉県印旛郡船穂村(現在の印西市)に生まれるが、5歳の時に佐倉市 佐倉の麻賀多神社の養子となる。1889年、千葉県立佐倉高等学校 佐倉集成学校(現在の千葉県立佐倉高等学校)に入学し、英語、漢文、数学を学ぶ。また、和歌を作りはじめ、佐倉集成学校の蔵書であった『万葉集』を写して歌を学んだ。1891年、東京美術学校(現在の東京芸術大学)に首席で合格、鋳金科に進み1896年に卒業。卒業制作は『上古婦人立像』。1898年に日本美術協会展で『獅子置物』が褒状1等になり、1900年のパリ万国博覧会で銀賞碑を受けるなど国際的に活躍。1933年(昭和3年)には東京美術学校教授となり学問として母校で「鋳金史」「彫金史」などを講義、多くの後進の芸術家を育てた。金工史の研究にも取り組み『日本金工史』『金工史談』『日本鋳工史』など学術著書は40冊以上にのぼり、同時に著しい数の研究論文も残している。また、帝国美術展覧会(現在の日展)の工芸部設置には同郷の津田信夫と共に尽力し、金工(金属工芸)を美術として日本の社会に認めさせる努力をした。1953年、これらの功績を認められて、文化勲章を受章。同年に文化功労者として顕彰。

香取秀真の関連人物

学者偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

学者偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング