飯田幸夫の出身高校

飯田幸夫 プロ野球選手

飯田 幸夫(いいだ ゆきお、1947年4月9日 - )は、神奈川県横浜市中区出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)。

横浜高校では1964年、2年生の時に23本塁打を記録。同年夏の甲子園県予選では、準々決勝で武相高に敗退。翌1965年夏の甲子園県予選でも準々決勝で鶴見工に敗れ、甲子園には出場できなかった。しかしこの予選で.545の好打率をあげたシュアな打者として、各球団に注目される。高校通算打率は・476を記録、高校同期にエースの岸勝之がいた。

1965年のドラフト会議で近鉄バファローズに4位指名され入団。高卒ルーキーながら開幕戦でいきなり1番遊撃手でスタメン出場。1969年までは主に控えの野手として代打や守備での登場が多かった。1970年は二塁手のレギュラーポジションを獲得し、7番打者として活躍。同年は初の規定打席(23位、打率.237)に達する。

1971年オフに一枝修平との交換トレードで中日ドラゴンズへ移籍。中日では代打の切り札として活躍し、1974年のチームのリーグ優勝に貢献した。1974年9月3日の広島戦では代打満塁サヨナラ本塁打を打っている。

1978年オフに横浜大洋ホエールズへ移籍し、翌年に引退。引退後は中日で1982年から1988年まで二軍打撃コーチ、1993年から1994年まで1軍コーチ。

1982年4月24日、中日の主砲宇野勝が大洋戦(横浜スタジアム)でユニフォームを忘れたため、背番号77を付けていた飯田コーチから借りて試合に出場した(宇野の背番号は7)。相手チームの野次の中、宇野はその試合で本塁打を放つ。因みに宇野は2003年オフ、打撃コーチとして中日に復帰し、再び背番号77を付けた。

飯田幸夫の出身高校

飯田幸夫出身高校
横浜高校 偏差値 神奈川県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2383位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1947年4月9日生まれ

飯田幸夫の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

飯田幸夫の評判・つぶやき

  • 中日歴代選手通算成績bot

    中日歴代選手通算成績bot 4年前

    飯田 幸夫(いいだ・ゆきお) 1966~1971近鉄,1972~1978中日,1979~1980大洋【通算】828試合 率.224(1507-337) 37本 132打点 41盗塁 19犠打【獲得タイトル】なし"
  • プロ野球最下位チームの開幕オーダーbot

    プロ野球最下位チームの開幕オーダーbot 4年前

    近鉄バファローズ(1966年・岩本義行) 6飯田幸夫 8山本八郎 4小玉明利 7土井正博 3高木喬 5M.クレス 9C.ボレス 2児玉弘義 1
  • ㅤ

    4年前

    @null 飯田幸夫"

飯田幸夫の関連著書

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング