須本憲一の出身高校

須本憲一 プロ野球選手

須本 憲一(すもと けんいち、1926年1月7日 - 1968年2月10日)は、徳島県出身のプロ野球選手(内野手)、また徳島県立商業学校野球部元監督。

徳島商業時代は強肩強打の三塁手として活躍。1941年の夏の甲子園大会が中止になるが、1942年の幻の甲子園では徳島商業の主将で出場。決勝戦で三塁打を打つなどの活躍をして優勝する。

その後、明治大学でも野球を続け、プロの東急フライヤーズで内野手としてプレーするも2年で退団。

その後、母校の徳島商業で野球部監督を務める。春夏合わせて7回出場し、1958年の夏の甲子園では板東英二を擁して準優勝を果たす。

1968年、病死。享年42。

須本憲一の出身高校

須本憲一出身高校
徳島商業高校 偏差値 徳島県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
3152位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1926年1月7日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング