阿野鉱二の出身高校

阿野鉱二

阿野鉱二 プロ野球選手

阿野 鉱二(あの こうじ、1948年1月1日 - )は、大阪府堺市出身の元プロ野球選手(捕手)。右投右打。

浜寺中学時代に捕手になる。明星高等学校では真田重蔵監督の指導を受け、1年生の1963年夏の甲子園に控え捕手として出場。決勝で池永正明投手を擁する下関商を降し、全国制覇を経験する。この時の四番打者、正捕手は、中学の先輩である和田徹だった。2年生からレギュラー捕手になり、五番打者として1964年夏の甲子園に連続出場するが、1回戦で大府に敗れる。3年の夏は府予選準決勝で興國の谷博信投手(立大-日本熱学)らに抑えられ敗退した。高校同期に堀井和人中堅手がいる。

1966年4月に早稲田大学教育学部教育学科専修に進学。東京六大学リーグでは在学中に2度の優勝を経験した。入学当時の正捕手は1966年秋季ベストナインの長倉春生であったが、その壁を越え、2年生から出場機会が増える。3年生の時には同期の小坂敏彦投手とバッテリーを組み、1968年秋季リーグに優勝。自身も首位打者となりベストナインに選出された。リーグ通算57試合出場し184打数52安打、8本塁打、24打点、打率.283。1970年3月、早稲田大学教育学部教育学科専修卒業、学士(教育)(早稲田大学)。他の大学同期に谷沢健一外野手、荒川尭遊撃手、小田義人一塁手らがおり、自身も含め7人がプロ入りしている。

1969年のドラフト2位で指名され、翌年巨人入団。1970年にはジュニアオールスターゲームにも選出される。1971年には一軍で49試合に出場し、1974年にはイースタン・リーグで首位打者を獲得。衰えの見える森昌彦の後継を吉田孝司と争うが、1975年の巨人ベロビーチキャンプで腹膜炎を起こし、その後も一軍に定着できず1976年にオフに現役引退。

引退後は巨人バッテリー兼トレーニングコーチに就任、1985年よりトレーニングコーチ専任となり1991年退団。その後は東京都中央区にある建設業スチールエンジ株式会社取締役会長。

巨人時代、トレーニングコーチとしての手腕は非常に高く、「巨人軍のストレッチング」という本を出版するほどの研究家であり、トレーニングコーチの草分け的存在だった。

阿野鉱二の出身高校

阿野鉱二出身高校
明星高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2028位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1948年1月1日生まれ

阿野鉱二の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


阿野鉱二の関連著書

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング