間瀬秀一の出身高校

間瀬秀一 サッカー選手

間瀬 秀一 (ませ しゅういち、1973年10月22日 - ) は、日本の元サッカー選手、指導者、通訳者。三重県出身。選手としては1997年より2000年まで日本国外のリーグでプレイし、その後指導者、通訳に転身。イビチャ・オシムらの通訳を務めた。2015年にはJFA 公認S級コーチの資格を取得し、同年、ブラウブリッツ秋田の監督に就任した。

小学校3年からサッカーを始め、小・中学校時代は地域代表にも選ばれた。1996年、日本体育大学卒業後にアメリカに渡り、独力でプロの道を模索する。1997年、ユナイテッドサッカーリーグのクラブとプロ契約。その後、メキシコ、グアテマラ、エルサルバドル、クロアチアの2部、3部リーグでプレー。シンガポールリーグへの挑戦も試みるが、2002年に帰国し引退した。スピードを特徴とするトップ下で、現役最後の所属クラブ、トルニェの監督は、アグレッシブさ、フィジカル、機敏さ、ドリブル、ジャンプ力に特長があり、特にスピードは優れていると評価されていた[誰?]。

2002年9月、クロアチアへ再渡航、セカンドキャリアとしてJリーグの通訳を目指しザグレブ大学の短期コースにて正式にクロアチア語を学んだ。関西国際空港税関やクロアチアサッカー協会の通訳として働いていたが、2003年、ジェフユナイテッド市原より通訳職のオファーを受け帰国。イビチャ・オシム、アマル・オシム両監督の通訳を務めた。2004年に日本サッカー協会公認C級コーチライセンスを、2007年に日本サッカー協会公認B級コーチライセンスを取得。

2007年よりジェフ千葉のトップチームコーチを務める。2009年はジェフ千葉のスカウトを務める。同年シーズン終了をもって千葉を退団。

2010年からはファジアーノ岡山のコーチに就任した。2012年をもって退団し、東京ヴェルディのコーチに就任。2013年シーズン終了後に1年で東京Vを退団。

2014年度より日本サッカー協会指導者ライセンス・S級の講習会を受講し、2015年1月15日にS級ライセンスを取得したことが日本サッカー協会より発表された。その翌日、1月16日にブラウブリッツ秋田の監督に就任することが発表された。

間瀬秀一の出身高校

間瀬秀一出身高校
暁高校 偏差値 三重県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
223位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1973年10月22日生まれ

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング