長谷川眞理子の出身高校

長谷川眞理子 学者

長谷川 眞理子(はせがわ まりこ、1952年 - )は、日本の人類学者。総合研究大学院大学教授、放送大学客員教授。専門は社会生物学 行動生態学。進化生物学の観点から人間の行動性向を理解しようとする進化心理学に関する著書が多く、特に性_(生物学) 性にまつわる問題(性選択)への関心が高い。同じく行動生態学者の長谷川寿一(東京大学教授)は夫であり、夫婦による共著も多い。理学博士(東京大学、1986年)。東京都出身。学生からの愛称はハセマリ。 1971年3月 - 東京学芸大学附属高等学校卒業 1976年3月 - 東京大学理学部生物学科卒業(人類学教室) 1983年3月 - 東京大学大学院理学系研究科人類学専門課程博士課程単位取得退学(1986年修了) 1980年6月 - 国際協力事業団派遣専門家(タンザニア タンザニア共和国天然資源観光省野生動物局勤務 1982年5月まで)

長谷川眞理子の出身高校

長谷川眞理子出身高校
東京学芸大学附属高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
学者ランキング
116位 / 1026人中 学者別偏差値ランキング
性別
女性
生年月日
1952年生まれ

長谷川眞理子の関連人物

学者偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

長谷川眞理子の評判・つぶやき

  • あんちぽちゃん

    あんちぽちゃん 3年前

    読みたい本がたくさん! / “【じんぶんや第94講】信原幸弘・伊勢田哲治・戸田山和久・長谷川眞理子の4人が選ぶ 進化と哲学 | 本の「今」がわかる 紀伊國屋書店” "
  • テキスト書き出しbot

    テキスト書き出しbot 3年前

    人間とは何でしょうか? これはたいへんに大きな探求課題です。古来より、多くの哲学者や宗教家、政治家、教育者、賢人と言われている人たちのほとんどは、人間とはなにかを考えてきました。…長谷川寿一長谷川眞理子『進化と人間行動』"
  • りー

    りー 3年前

    二頭の猿が一緒にいる時、互いに疑心暗鬼で、いつ相手に襲いかかろうかという態度ではありません。互いに相手を許容し、寛容な無関心でいることの方が普通です。そういう状態が続いた後、ありそうな行動はその二頭が互いに毛づくろいを始めることです。(長谷川眞理子/生き物をめぐる4つのなぜ)"
  • 市野泰和

    市野泰和 3年前

    長谷川寿一長谷川眞理子著『進化と人間行動』pp.244-246。男性は、自分のパートナーと他の異性との性的関係に嫉妬し、女性は、自分のパートナーと他の異性との恋愛感情に嫉妬する、って。男性は、父性の不確実性と配偶者防衛の心理から、女性のは、自分と自分の子への投資量減少を恐れて。"
  • あかつき

    あかつき 3年前

    日本の大学は多すぎる ~長谷川眞理子 (総研大教授)~"
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 

長谷川眞理子の関連著書

学者一覧

学者偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング