長谷川岳の出身高校

長谷川岳 議員

長谷川 岳(はせがわ がく、1971年2月16日 - )は、日本の政治家、起業家。自由民主党所属の参議院議員(1期)。元総務大臣政務官。YOSAKOIソーラン祭り創始者。元・YOSAKOIソーラン祭り組織委員会専務理事。株式会社yosanet(登記名:よさねっと)元取締役。2007年に結婚、1女1男の父。

1971年(昭和46年)2月16日、愛知県春日井市に生まれる。

1989年(平成元年)愛知県立千種高等学校卒業、1990年(平成2年)北海道大学経済学部入学。

大学2年の時、母親がガンを患い、兄が医師として勤める高知県の病院へ入院したため、看病のために訪れた際、本場のよさこい祭りに接しその躍動感に感動、「こうした光景を北海道でも見られたら…」と、1991年(平成3年)12月、学生仲間を募り5名で「YOSAKOIソーラン祭り実行委員会」を発足させ、高知県の「よさこい祭り」と北海道の「ソーラン節」を融合させた「YOSAKOIソーラン祭り」として企画・立案し、道内16の大学・短大の学生実行委員150名の下、1992年(平成4年)6月に第1回を開催した。

1994年(平成6年)、北大を卒業。祭りの運営を現役学生に委ね、地元の物産会社に就職。しかし、第3回で参加チームが1チーム減少。横ばい傾向に転じたことに奮起し会社を退職。第5回、第6回では企業や自治体を巻き込む形で「YOSAKOIソーラン祭り普及振興会」を組織し、運営主体を「YOSAKOIソーラン学生実行委員会」から移行。事務局長、理事総括プロデューサーとして運営サイドの強化のため自ら陣頭指揮をとる。

1998年(平成10年)3月 「YOSAKOIソーラン祭り普及振興会」を「YOSAKOIソーラン祭り組織委員会」に改組・改称、長谷川は専務理事に就任 。

2001年(平成13年)5月、YOSAKOIソーランに関するeコマース、踊りに関する教材コンテンツの開発・提供など、祭りをサポートする「株式会社yosanet」を設立し、取締役を兼務。(ともに2007年〈平成19年〉12月、下述の衆院選出馬を受け、退任。)

札幌を代表するイベントを一から作り上げた功績が評価され、「日本イベント大賞新テーマ賞」「サントリー地域文化賞」「日本生活文化大賞 生活文化賞」などを受賞。

被選挙権を得た1996年(平成8年)に、第41回衆議院議員総選挙に北海道1区から無所属で立候補したが落選。2008年(平成20年)1月、自由民主党北海道連により北海道1区の自民党公認候補として推薦を受け、同年7月正式に公認候補予定者に決定した。2009年(平成21年)8月30日、第45回衆議院議員総選挙に自民党公認で出馬するも、再び落選。2010年(平成22年)7月11日、第22回参議院議員通常選挙に自民党公認で北海道選挙区から出馬し、初当選。2014年9月、総務大臣政務官に就任。2015年10月23日、自民党水産部会長に就任。

長谷川岳の出身高校

長谷川岳出身高校
千種高校 偏差値 愛知県高校偏差値ランキング
議員ランキング
340位 / 885人中 議員別偏差値ランキング
生年月日
1971年2月16日生まれ

議員偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


議員一覧

議員偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング