長谷川勉の出身高校

長谷川勉

長谷川勉 プロ野球選手

長谷川 勉(はせがわ つとむ、1950年9月8日 - )は千葉県富津市出身の元プロ野球選手(投手)。

父は漁師。小学2年生の時から船を漕いで沖へ出ていた。木更津中央高等学校では、1968年の夏の甲子園千葉予選を、高校同期の宇佐美和雄投手との二本柱で勝ち進み、準決勝に進出。千葉商と対戦し、宇佐美が登板したが0-2で惜敗、甲子園への出場を逃した。

亜細亜大学へ進学。東都大学リーグでは1971年春季リーグで優勝を経験するが、1年上に山本和行投手がおり、登板機会には恵まれなかった。4年生の1972年春季リーグで初勝利。リーグ通算10試合に登板し5勝3敗を記録した。

卒業後は日産自動車に入社。1973年の都市対抗にはリリーフエースとして出場、先発の藤田康夫投手とのコンビで勝ち進む。自身も2勝をあげ決勝に進出するが、日本鋼管に敗退し準優勝にとどまった。翌1974年の都市対抗では、1回戦で先発、新日鉄堺の山口高志投手(松下電器から補強)と投げ合うが、0-1で完封負けを喫した。

1974年のドラフト1位で南海ホークスに入団。一年目の1975年から先発に起用されるが、0勝3敗と期待に応えられなかった。同年オフに江夏豊の移籍騒動に巻き込まれた形で阪神タイガースに移籍。南海が江本孟紀、島野育夫、池内豊、長谷川の4選手、阪神が江夏と望月充の2選手という大型交換トレードだった。移籍後も2年間は結果を出せなかったが、1978年には主に中継ぎで36試合に登板した。翌1979年には先発の一角として33試合に登板するが、4勝7敗に終わる。1980年には先発を外れ、プロ初セーブを挙げるものの登板機会が減少、同年限りで引退した。

長谷川勉の出身高校

長谷川勉出身高校
木更津総合高校 偏差値 千葉県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1516位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1950年9月8日生まれ

長谷川勉の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


長谷川勉の関連著書

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング