金田繁の出身高校

金田繁 脚本家

金田 繁(かねだ しげる、1906年 - 1966年)は、日本の映画監督、脚本家である。

1906年(明治39年)、京都府京都市下京区に生まれる。妹・みねは、のちに東亜キネマの助監督時代に金田が師事した広瀬五郎の妻となった。

旧制・京都市立第一商業学校(現在の京都市立西京高等学校)を卒業し、東亜キネマ等持院撮影所助監督部に入社した。仁科熊彦、広瀬五郎の作品におもに助監督として就いた。同社は1931年(昭和6年)に製作部門が崩壊し、同社が新設した東活映画社に移り、同年12月5日に公開されたサイレント映画『閃影双刃録』で、満25歳で監督に昇進した。同社は翌1932年(昭和7年)10月に解散しており、同社が製作し、金田が大伴麟三と共同で監督したサイレント映画『決戦荒神山』は、同年12月31日、新設の宝塚キネマ興行が配給して公開された。

1935年(昭和10年)、東京に移り、新興キネマ東京撮影所(現在の東映東京撮影所)が製作した『鼻唄奇兵隊』を監督、同年2月28日に公開された記録がある。しかし、同年すぐに、大阪府下の極東映画に移籍し、同年6月28日に公開された『武家姿日本晴れ』を監督している。翌1936年(昭和11年)には、奈良県生駒郡伏見村(現在の同県奈良市あやめ池北1丁目)にあった全勝キネマに移籍、多くのサイレントの剣戟映画を監督した。1941年(昭和16年)には、同社は合併して、松竹資本の興亜映画が設立されると、そこに継続的に移籍し、同年10月20日に公開された『荒野の叫び』を姓丸浩と共同で監督している。第二次世界大戦に突入して以降の作品歴は不明である。

戦後、1964年(昭和39年)に放映を開始した連続テレビ映画『風雲真田城』を監督した記録が残っているが、1966年(昭和41年)、死去している。満60歳没。

すべてクレジットは「監督」であり、監督以外のクレジットは特筆の通りである。公開日の右側には役名、および東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)、マツダ映画社所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[7]。同センター等に所蔵されていないものは、とくに1940年代以前の作品についてはほぼ現存しないフィルムである。資料によってタイトルの異なるものは併記した。

金田繁の出身高校

金田繁出身高校
筑波大学附属駒場高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
脚本家ランキング
2位 / 126人中 脚本家別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1906年 - 1966年)は、日生まれ

金田繁の関連人物

脚本家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

金田繁の評判・つぶやき

  • やさか 4年前

    残り中日投手 田島、又吉、岡田、福谷、浅尾、浜田智、金子、若松捕手 谷繁、松井雅内野手 高橋周、小笠原、亀澤、堂上外野手 藤井、ナニータ阪神投手 呉昇桓、福原、石崎、高宮、金田、メッセンジャー、島本捕手 藤井内野手 新井、坂外野手 伊藤隼"
  • むっく@道産子へジョブチェンジ 4年前

    金田政彦、ク・デソン、加賀繁高崎健太郎…いい加減素晴らしい投球するのに援護されないのは見飽きたよ"
  • kataokan 4年前

    『ルパン三世 princess of the breeze ~隠された空中都市~』2013年日本監督:金崎貴臣声の出演:栗田貫一小林清志浪川大輔沢城みゆき山寺宏一石川由依宮本佳那子神谷浩史楠大典菅生隆之渡辺明乃諏訪部順一金田朋子千葉"
  • 若利の乳バンドになりたいみいや 4年前

    セッターちゃん(花澤香菜)四番くん(金田朋子)ぱっつぁん(千葉繁)"
  • 木魚庵 4年前

    RT @aozoramusume: ドラちゃんの館ゆえにご無沙汰だった神保町シアターへ、横溝正史映画で吸血蛾、池部良が金田一役で珍しいが、印象としては東宝オールキャストなので、これで森繁と三木のり平がいたら社長シリーズ。横溝ものが乱歩より土着な雰囲気なのは、事件に因縁を絡ませる…"

金田繁の関連著書

脚本家一覧

脚本家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング