金子久の出身高校

金子久 プロサッカー選手

金子 久(かねこ ひさし、1959年9月12日 - )は、日本の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代は屈強な体を活かしたセンターバックとして活躍した。

与野市立下落合小学校でサッカーを始める。与野市立与野東中学校を経て、帝京高等学校に進学。古沼貞雄監督の下で1年次の高校総体予選から出場機会を掴みレギュラーへ定着した。

3年次の1977年の高校サッカー選手権では早稲田一男、宮内聡らと共に優勝に貢献。東京都予選から10試合連続無失点の守備の要として活躍したほか、決勝の四日市中央工業戦で決めた豪快なヘディングシュートは語り草となっている。

卒業後の1978年に古河電気工業サッカー部に加入。同年に日本ユース代表に選出されると、1979年のFIFAワールドユース選手権に出場した。しかし所属する古河電工では出場機会が少なく、ベテランの桑原隆の控えに回る事が多かった。1984年に清雲栄純が監督に就任すると転機が訪れ、翌1985年にレギュラーの座を掴むと、スイーパーの岡田武史と共に堅固な守備陣を形成し、2度目の日本サッカーリーグ制覇に貢献、シーズン終了後にはベストイレブンに選出された。

その後も古河の守備の要として活躍、またJSL東西対抗戦メンバーや、日本サッカーリーグ選抜に選出されるなど、日本サッカーリーグを代表するDFの一人であった。

日本代表としては1986年7月25日のムルデカ大会、シリア戦で代表デビュー。同年9月のアジア競技大会や翌1987年のソウルオリンピック予選など国際Aマッチ7試合に出場1得点を記録した。

引退後は指導者の道へ進み、古河の後継であるジェフユナイテッド市原の下部組織のコーチを務めた。その後、クラブを離れたが、2009年よりジェフユナイテッド市原・千葉の運営担当。

その他の公式戦

金子久の出身高校

金子久出身高校
帝京高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
409位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1959年9月12日生まれ

金子久の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


金子久の関連著書

プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング