金園英学の出身高校

金園英学 サッカー選手

金園 英学 (かなぞの ひでたか、1988年9月1日 - ) は、大阪府出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。Jリーグ・ベガルタ仙台所属。

4人兄弟の第4子として生まれ 6歳でサッカーを始める。小学生時代は大阪市内の少年サッカークラブに所属した。中学生時代は兵庫県尼崎市内のクラブでプレーし、卒業後、島根県の立正大学淞南高等学校へ進学した。金園は舞台俳優を目指してオーディションを受験したが合格できず、大阪府内の高校と立正大淞南とで迷った末後者への入学を選んだと語っている。高校2年次には全国高等学校サッカー選手権大会に出場し、通算2得点を挙げた。

2007年に関西大学に入学、金園の立正大淞南高校時代の先輩 が関西大に進学していたのが進路決定の理由であった。

金園は1年次から試合出場の機会を得、関西学生サッカーリーグにでは2008年度には通算16得点、2009年度には15得点を挙げ、2年連続1部リーグ得点王となった。3年次には全日本学生選抜チームに選ばれ、2010年3月に開催された定期日韓戦に出場した。また2009年度には第89回天皇杯に出場。同年10月開催の2回戦 ヴァンフォーレ甲府戦にて2得点を挙げたが終盤で追いつかれ、PK戦の末敗退した。この時の2得点について金園は後に「大学でのベストゴール」だと語っている。

2010年度は負傷のために試合より約半年遠ざかり、同年12月開催の第59回全日本大学サッカー選手権大会で復帰、決勝戦では前半18分にヘディングから先制点を挙げ、関西大学の43年ぶりの同大会優勝に貢献した。

大学卒業後、金園はジュビロ磐田と横浜F・マリノスの2クラブから獲得のオファーを受け、2010年6月に金園の磐田への入団内定が発表された。3月6日開催の開幕節甲府戦にてリーグ戦初出場、シーズン3試合目の第8節広島戦で後半28分にヘディングでJリーグ初得点を挙げた。序盤はベンチスタートが多かったが、段々先発出場の機会を得るようになった。同年7月23日の第6節G大阪戦で7点目を挙げ、藤田俊哉が1995年に達成した、磐田における新加入選手の得点記録に並んだ。第20節名古屋戦で、8点目を決め、磐田における新人最多得点記録を更新した。最終的に28試合に出場し、12得点を挙げた。これは、渡邉千真(横浜F・マリノス)が2009年度シーズンに挙げた13得点に次ぐ新加入選手による得点数記録であり、城彰二、渡邉以来史上3人目となった。

2012年2月にサッカー日本代表に初招集された ものの、金園はその際の代表合宿中に右第5中足骨を骨折し、全治3か月の診断結果が出された。さらに同年6月、復帰間近と言われていた矢先に同じ箇所を再骨折し手術 、再び全治3ヶ月の診断を受けた。その後、第30節仙台戦にて公式戦に復帰した。

2015年1月7日、ベガルタ仙台への移籍が発表された。

金園英学の出身高校

金園英学出身高校
立正大学淞南高校 偏差値 島根県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
1869位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1988年9月1日生まれ

金園英学の関連人物

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング