野田高梧の出身高校

野田高梧 脚本家

野田 高梧(のだ こうご、1893年11月19日 - 1968年9月23日)は、日本の脚本家。次兄は日本画家の野田九甫、娘は脚本家の立原りゅう、その夫は同じく脚本家の山内久。また、幕末の漢学者・野田笛浦は祖父にあたる。

税官吏の子として北海道函館市に生まれ、長崎県・名古屋市で育つ。愛知一中(現・愛知県立旭丘高等学校)、早稲田大学英文科を卒業後、映画雑誌記者・東京市職員を経て、1924年に松竹蒲田撮影所に入所。以後、蒲田および移転した大船撮影所で、現代劇の中心的脚本家として活躍し、小市民の生活を味わい深く描いたいわゆる「大船調」の代表的存在となる。

島津保次郎・五所平之助監督などの作品で数々の名作を生み出したほか、小津安二郎監督とも処女作『懺悔の刃』(1925年)以来繋がりが深く、『その夜の妻』(1930年)、『足に触った幸運』(1930年)、『東京の合唱』(1931年)などの脚色を担当した。なお、小津とは私生活でも親交が深く、その後も公私にわたって良きパートナーとなる。

また、野村浩将監督と組んだ『愛染かつら』(1936年)は空前の大ヒットとなり、興行収入でも当時の記録を更新した。さらに所内では脚本部長も長く務め、所長の城戸四郎の顧問的存在でもあった。

1946年にフリーとなるが、やはり小津安二郎作品で最大の持ち味を発揮し、小津との共作という形で、『晩春』(1949年)から小津の遺作となった『秋刀魚の味』(1962年)までの全作品を手がけ、高度に洗練されたホームドラマの大家として尊敬を集めた。また、1950年にシナリオ作家協会が設立されると初代会長を務めたほか、後進の指導にも尽力した。著書に『シナリオ構造論』がある。

1961年に芸術選奨文部大臣賞、1967年に勲四等旭日小綬章を受ける。翌1968年に蓼科の山荘で心筋梗塞のため死去。74歳没。

(太字は小津安二郎監督作品)

野田高梧の出身高校

野田高梧出身高校
旭丘高校 偏差値 愛知県高校偏差値ランキング
脚本家ランキング
14位 / 126人中 脚本家別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1893年11月19日生まれ

野田高梧の関連人物

脚本家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

野田高梧の評判・つぶやき

  • 小津安二郎bot 4年前

    (※野田高梧との『お早よう』の脚本執筆について)二人で夜中に笑いながらね。今度の『お早よう』なんか、ずいぶん楽しんだですね。オナラを取入れたんです(「週刊読売」1959年5月31日号)"
  • 小津安二郎bot 4年前

    (※小津、野田高梧との対談で)高田保:むかし蒲田で君(※小津)の撮影を見ていたら、(略)エーパン(※岡田時彦)が鉛筆を削る場面なんだが、その削り方が気に入らないといって、二本も三本も鉛筆をムダにして、やり直させている(「週刊朝日」1949年12月25日号)"
  • 状況が裂いた部屋 4年前

    物書きを目指しているのに言葉(日本語)に対して無頓着だったら、なんだそりゃってなるよなあ。そもそも僕は、小津安二郎&野田高梧のシナリオのせりふを偏愛している男なのでね。"
  • 新・午前十時の映画祭 4年前

    明日 2/20(土)からグループB劇場にて上映の『秋刀魚の味』。1962年・日本(松竹)。上映時間113分、カラー。監督:小津安二郎。脚本:野田高梧、小津安二郎。音楽:斎藤高順。 →続 [M] #asa10eiga"
  • 新・午前十時の映画祭 4年前

    明日 2/20(土)からグループA劇場にて上映の『東京物語』。1953年・日本(松竹)。上映時間136分、モノクロ。監督:小津安二郎。脚本:野田高梧、小津安二郎。音楽:斎藤高順。 →続 [M] #asa10eiga"

野田高梧の関連著書

脚本家一覧

脚本家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング