野田昌宏の出身高校

野田昌宏 作家

野田 昌宏(のだ まさひろ、本名:野田 宏一郎(のだ こういちろう)、1933年8月18日 - 2008年6月6日)は、福岡県生まれの日本の小説家、SF作家、翻訳家、宇宙開発評論家、TVディレクター、プロデューサー、実業家。元日本テレワーク株式会社代表取締役社長(後に相談役)。株式会社ガイナックスの元監査役。

1960年代には主に本名の野田宏一郎名義を用い、1970年代以降は野田昌宏名義を用いた。

野田昌宏の功績は主に本業であるテレビ番組制作とSF関連の活動に分かれる。

フジテレビ時代にはディレクターとして『日清ちびっこのどじまん』『祭りだ!ワッショイ!』『第三の眼』などの人気番組を手がける。

日本テレワークとして手がけた番組は『ひらけ!ポンキッキ』、『料理の鉄人』、『発掘!あるある大事典』、『クイズ$ミリオネア』など多数。

ちなみに『ひらけ!ポンキッキ』の番組キャラクターガチャピンのモデルである。また、「ポンキッキ」製作時にはデビューしてすぐの「スタジオぬえ」(加藤直之、高千穂遙、宮武一貴)を起用し、「そらとぶさんりんしゃ」「宇宙船地球号のマーチ」などのイラストや、アニメーションを担当させていた。

SF関連の活動は以下の通り。

政治家の麻生太郎は従弟(野田昌宏の母・ツヤ子が麻生太郎の父、麻生太賀吉の妹にあたる)。また、母を通して、多くの知名人と親戚関係になる。

また、父の養父・野田勢次郎は農商務省に勤務した地質学者であり、妻が麻生太郎(政治家・麻生太郎の同名の祖父)の妻の姉だった関係で、麻生太吉の依頼で麻生商店に入社して実業家としても活動した。

父の野田健三郎は那須藤十郎・榮夫妻の子として生まれ、母方の叔父・野田勢次郎の養子となった。九州大学教授、電気工学研究者。

昌宏の母・ツヤ子の母と健三郎の養母が姉妹だったので、昌宏の両親は戸籍上「いとこどうし」が結婚したことになる。詳細は麻生太郎の記事「家系」の項を参照のこと。

昌宏の弟・玲二郎は物理学者・菊池正士の次女と結婚した。正士の父で数学者・政治家として活動した菊池大麓は箕作秋坪の次男として生まれ父・秋坪の実家・菊池家の養嗣子となったため、野田家は菊池家を通じて日本最大の学者一族・箕作家と姻戚関係で結ばれており、野田昌宏の弟は箕作阮甫の玄孫と結婚したことになる。

また、叔父(父の弟)に児童文学者の那須辰造。

野田昌宏の出身高校

野田昌宏出身高校
上智福岡高校 偏差値 福岡県高校偏差値ランキング
作家ランキング
541位 / 702人中 作家別偏差値ランキング
性別
男性

作家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


作家一覧

作家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング