野口正明の出身高校

野口正明 プロ野球選手

野口 正明(のぐち まさあき、1925年3月7日 - 2004年3月24日)は、福岡県飯塚市出身。昭和期のプロ野球選手。飯塚商業卒業後、1942年中日ドラゴンズ 名古屋軍に内野手として入団。同年5月、プロ野球史上最長イニング記録の28イニングを戦った対西鉄軍 大洋戦では、六番・一塁手として出場。翌1943年、投手に転向し12勝をあげ、石丸進一、西沢道夫らと共に投手陣の柱として活躍した。この頃、晩年の沢村栄治からも安打を放っている。戦後、1949年に大映ユニオンズ 金星スターズへ移籍。この年、札幌円山球場で行われた対北海道日本ハムファイターズ 東急フライヤーズ戦で大下弘に大ホームランを打たれたが、「170mは飛んでいた」という貴重な証言をしている。

野口正明の出身高校

野口正明出身高校
偏差値 高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
4423位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1925年3月7日生まれ

野口正明の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


野口正明の関連著書

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング