重松健太郎の出身高校

重松健太郎 サッカー選手

重松 健太郎(しげまつ けんたろう、1991年4月15日 - )は、東京都中野区出身のサッカー選手。ポジションはフォワード(FW)。

小学校1年生の時に、当時ジュビロ磐田の黄金期を支えていたFW中山雅史に憧れサッカークラブに入団。当初は守備の選手だった。のちにFC東京サッカースクール深川に参加し、攻撃的MFにコンバート。中学入学時(2004年)に新規設立された「FC東京U-15むさし」に第1期選手として入団すると自らFWに立候補し、このU-15時代に初めてFWの選手となった。 U-18昇格後は、1学年上のFW山村佑樹、岩渕良太らとの熾烈なポジション争いの中、2008年の日本クラブユース選手権で得点王に輝いた。3年次(2009年)には倉又寿雄監督に指名された背番号10を背負い エースとして活躍。同年9月、U-18同期の阿部巧、平出涼とともに、高校卒業後のFC東京トップチームへの昇格が発表され、重松は「U-15むさし」出身者としては初のトップ昇格選手となった。ユース年代では屈指の重心バランスを持つセンターフォワードとして多くの得点を記録。2009年12月のJリーグユース選手権大会では準決勝で2得点、決勝戦では強烈な無回転FKで先制点を挙げ、チームを優勝に導いた。信条とするプレーは「1対1なら自分で行くことを意識して絶対にシュートで終わること」、目標とする選手はスペイン代表のフェルナンド・トーレス。

2010年3月28日、J1第4節大宮戦でJリーグデビュー。長友佑都からのクロスボールをヘディングで合わせ、デビュー戦で初ゴールを記録した。同月31日の名古屋戦でも得点を挙げ、城福浩監督からは「短い時間、狭いスペースの中で仕事ができる選手」と評価を受けた。9月には、AFC U-19選手権2010に背番号11で登録され エース候補として布啓一郎監督からの期待をうかがわせたが、予備登録に留まり選出されなかった。

2011年よりアビスパ福岡へ期限付き移籍。森下仁之チーム統括部長からは「ストライカーという名にふさわしい選手」で「ゴールに向かって常にプレーするだけではなく、前線からの守備の運動量もある」 との評を受けた。篠田善之監督が1トップを基本布陣として採用したことなどから、レギュラーを掴むには至らなかったが、相手DFの背後への飛び出しやバイタルエリア内での強引さ、前線でのプレス を評価され、前線にアクセントを加える役割を担いプレーの幅を広げた。

2012年はFC東京に復帰したが 出場機会に恵まれず、同年7月、城福が指揮を執るJ2・ヴァンフォーレ甲府へ期限付き移籍。しかし、チーム合流早々に練習試合で左膝の半月板を損傷し、出場機会を得ることなく退団した。

2013年はJ2・愛媛FCへ期限付き移籍。主にセンターフォワードに配されるも、負傷による出遅れ から中々コンディションが上がらなかった こともあり、得点は伸びなかった。

2014年、栃木SCへ完全移籍。移籍後初先発となったJ2第10節古巣愛媛戦で決勝点をアシストし、続く第11節札幌戦では強烈な無回転FKを突き刺して 勝利に貢献。前線での好連携を構築したが、好不調の波の大きさが仇となり その後の出場機会は限られた。シーズン終了後、契約満了により退団。

2015年、FC町田ゼルビアへ移籍。

その他の公式戦

その他の国際公式戦

重松健太郎の出身高校

重松健太郎出身高校
練馬高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
1742位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1991年4月15日生まれ

重松健太郎の関連人物

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング