重徳和彦の出身高校

重徳和彦 議員

重徳 和彦(しげとく かずひこ、1970年12月21日 - )は、日本の政治家、自治・総務官僚。衆議院議員(2期)。

愛知県豊田市生まれ。豊田市立前山小学校、豊田市立豊南中学校、愛知県立岡崎高等学校、東京大学法学部卒業。 金融機関から内定を得ていたが辞退し、公務員試験を受験するため留年を選択した。1994年、大学を卒業し、自治省(現総務省)に入省。本省勤務の他、山形県、青森県、広島県への出向や、アメリカ合衆国のコロンビア大学への留学を経験する。

2010年9月、神田真秋愛知県知事が4選不出馬の意向を表明。これを受け、同年10月に総務省を退官し、翌年の愛知県知事選挙への出馬を表明する。2011年2月6日投開票の愛知県知事選挙に無所属(自由民主党推薦)で出馬したが、自民党を離党し(後に除名処分が下る)、衆議院議員を辞職して出馬した大村秀章に敗れ、次点で落選した。

2012年8月、元衆議院議員の杉浦正健から「堂々と出馬すればいい」との助言を受け、自民党以外の政党から次期衆議院議員総選挙に立候補する意向を固める。8月20日、総選挙への出馬を正式に表明(なお、重徳に立候補を促した杉浦は、2012年の第46回衆議院議員総選挙では、重徳の対立候補である自民党新人の青山周平の選挙対策事務長を務めた)。重徳は出馬に際して大阪維新の会の公認を模索しており、9月28日の日本維新の会結党を受け、同党に入党。第46回衆議院議員総選挙に日本維新の会公認、みんなの党推薦で愛知12区から出馬し、選挙区では自民党の青山周平に敗れたが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し、初当選した(民主党の中根康浩も比例復活で当選)。

2014年7月、日本維新の会の分党に際しては橋下徹大阪市長による新党結成を目指すグループに参加。同年9月、結いの党・日本維新の会の合流により維新の党の結党に参加し、同年12月の第47回衆議院議員総選挙では維新の党公認で愛知12区から出馬。当初、民主党前職の中根康浩も愛知12区での立候補が内定していたが、非自民候補の共倒れを懸念した維新の党は民主党に対し、愛知4区・12区以外に候補者の擁立を予定していた3選挙区から撤退する代わりに、愛知12区の中根の立候補を見送らせるよう働きかけた。民主党はこれに応じ、中根は公示日前日の12月1日、党本部から比例東海ブロック単独立候補への鞍替えを命じられた(中根は比例単独で当選)。維新の党公認で愛知12区から出馬した重徳は、自民党前職の青山を約1万3千票差で破り、初めて選挙区で当選し、再選(青山も比例復活)。

2015年10月22日、他の3人の維新の党議員と共に離党届を提出し、当面無所属で活動していくことを表明した。翌10月23日に開かれた政治資金パーティーで「1、2か月の間に新党を立ち上げ、自民党に対抗できる政党をつくるためにこれから政界再編に取り組んでいく」と述べた。

重徳和彦の出身高校

重徳和彦出身高校
岡崎高校 偏差値 愛知県高校偏差値ランキング
議員ランキング
104位 / 885人中 議員別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1970年12月21日生まれ

重徳和彦の関連人物

議員偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


議員一覧

議員偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング