遠藤康の出身高校

遠藤康

遠藤康 プロサッカー選手

遠藤 康(えんどう やすし、1988年4月7日 - )は、宮城県出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー(オフェンシブハーフ)。Jリーグ・鹿島アントラーズ所属。元日本代表候補。

3歳年長の兄が所属していた少年サッカークラブ、なかのフットボールクラブでサッカーに触れるようになり、6歳の時に同クラブに正式に入団した。小学校5年次、クラブ代表の小幡忠義の勧誘を受け、2001年に塩釜FCジュニアユースに入団。中学3年次の2003年にはU-16宮城県トレセンに、当時FCみやぎバルセロナジュニアユース所属だった香川真司とともに選出されて同年度のカメイカップに出場した。

2004年にユースチームに昇格(宮城・塩釜高)。高校1年次はシーズン途中からトップチームにも登録されて東北社会人サッカーリーグで試合に出場。翌2005年度は全試合でスタメン出場した。2005年には香川とともにU-18東北選抜チームに選出されて仙台カップ国際ユースサッカー大会に出場し、U-18日本代表チームとの試合で5-2で勝利した。翌2006年は日本代表チームの一員として同大会に参加し、この大会の後で鹿島アントラーズから入団のオファーを受けた。同年には国民体育大会成年男子宮城県選抜チームに選出されて兵庫県で開催されたのじぎく兵庫国体に出場した。

2006年1月に加入内定の発表がなされた 後、2007年に鹿島アントラーズに入団。同年3月21日のヤマザキナビスコカップ第1節アルビレックス新潟戦で公式戦に初出場した。4-4-2のボックス型フォーメーションを採用する鹿島のチーム事情のため、トップ下でのプレーを希望していたが、「サイドに張ってクロスを上げる役割 を任された。同年度はリーグ戦2試合に出場した。2010年より出番を徐々に増やし、3月9日のACL第2節・韓国の全北現代戦でプロ初得点を記録。2012年は自己最多のリーグ戦32試合に出場した。 2014年、柴崎岳とともに、常陽銀行の9代目イメージキャラクターに就任。 リーグ戦では初の2桁得点を記録し、この年のJリーグ優秀選手賞を受賞した。

2003年にU-15日本代表に、翌2004年にはU-16日本代表に選出されてモンテギュー国際ユース大会や北海道国際ユース大会に出場したが、AFC U-17選手権2004に出場する代表チームには選出されなかった。 2006年にはU-18日本代表に選出されて仙台カップに出場。2007年2月にはU-20日本代表候補に選出されてトレーニングキャンプに参加した。 2015年5月7日、ついに日本代表候補トレーニングキャンプ(5/12~13@千葉)メンバーに初選出されたが日本代表メンバーとして招集・試合出場することはなかった。 2015年7月11日、引き続き東アジア杯の日本代表予備登録メンバーに選出された。

レフティであるが、右サイドからカットインしてのプレーを得意とする為、主に右MFとして起用される。重心が低いことに起因する安定感の高いキープ力と密集地帯をすり抜けるドリブルが特徴で、FK、CKのキッカーを努めることもある。その太い体幹を生かしたボールキープで中盤にタメを作ることが出来、ペナルティエリア付近右45℃のエリアは通称「ヤスゾーン」と呼ばれ、ドリブルからの強烈な左足シュートでの得点を得意とする。2012年と2014年に11得点を上げるなど得点力も高い。日本代表のハリルホジッチ監督には「左足のテクニックも素晴らしく、プレーのビジョンやパスも素晴らしい」と評価されている。また右サイドバック西大伍との右サイドでの連携は成熟しており、鹿島アントラーズの武器の一つである。

その他の公式戦

その他の国際公式戦

遠藤康の出身高校

遠藤康出身高校
塩釜高校 偏差値 宮城県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
608位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1988年4月7日生まれ

遠藤康の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング