遊佐克美の出身高校

遊佐克美 サッカー選手

遊佐 克美(ゆさ かつみ、男性、1988年8月2日 - )は、福島県福島市出身のサッカー選手。ポジションは、MF/DF。

インドIリーグのモフン・バガンAC所属。

現在は主に攻撃的なミッドフィルダーとしてプレーしている。

元々は動きの激しさ、豊富な運動量、ガッツあふれるボランチ。ジェンナーロ・ガットゥーゾに例えられた。アウトサイドでも起用されていた。

兄弟の影響でサッカーを始める。小さいころはトップ下の選手、2000年に全日本少年フットサル大会出場し大会優秀選手に選ばれる。中学時代は一年のときは陸上部に所属していた。

中学3年の時にサンフレッチェ広島、東京ヴェルディ1969、ベガルタ仙台に誘われていた。本人は塩釜FCも選択肢に入れていた。その中から2004年、広島ユースに入団。同級生に平繁龍一・野田明弘・金山隼樹・藤澤典隆ら。ボランチにコンバートされると、持ち前の激しい運動量をベースに頭角を現し、高校2年生でボランチや左SBとしてレギュラーをつかんだ。高校3年時はキャプテンを務め、Jユースカップ優勝に貢献した。

2007年にトップ昇格、同期入団は平繁。主にボランチや左アウトサイドで起用された。同年5月ナビスコカップでプロデビュー、同年12月にリーグ戦デビューした。しかしその後は負傷やチーム内の競争に苦しみ、満足な出場機会は得られなかった。

2009年3月に、ツエーゲン金沢へ期限付き移籍。しかし金沢でも出場機会には恵まれず、同年8月には広島・金沢双方との契約を解除し、FC岐阜SECONDへ完全移籍し、主力として活躍。

2010年1月からパラグアイに渡りパラグアイ2部のクラブの入団テストを受け、同年3月にパラグアイ2部のスポルティボ・サン・ロレンソ(英語版)と契約している。

2011年からインドIリーグのONGC FCに所属。ただ同2010-11シーズン、主力として活躍したもののチームは2部に降格してしまった。しばらくフリーだったが2012年1月再びONGCと契約し、2部決勝リーグでは3得点を上げ1部昇格に貢献する。翌2012-13シーズン10番を背負い中心選手として活躍、1部残留に貢献した。

2013年、同リーグのモフン・バガンACに所属する。翌2014-15シーズン、ウイングとしてソニー・ノルデやピエール・ボヤらと攻撃陣を形成、7得点を上げ得点ランク7位に入り、チームとしてはIリーグ初優勝に貢献した。

遊佐克美の出身高校

遊佐克美出身高校
吉田高校 偏差値 愛媛県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
1948位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
女性

遊佐克美の関連人物

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング