迫田さおりの出身高校

迫田さおり スポーツ選手

迫田 さおり(さこだ さおり、女性、1987年12月18日 - )は、日本のバレーボール選手。鹿児島県鹿児島市出身。ニックネームはリオ。プレミアリーグ・東レ・アローズ所属。

実姉がバレーボールをしていた影響で、鹿児島市立谷山小学校3年次からバレーボールを始める。厳しい中学時代を経て、県立鹿児島西高校へ進学する。中学高校では、センターエースとして活躍。高校3年次には晴れの国おかやま国体に、鹿児島県選抜の一員として出場。優勝した長崎県(九州文化学園高校)を準決勝であわやというところまで追い詰め、3位入賞に大いに貢献した。また同年12月の高校選抜男女東西対抗戦に出場した。

2006年の高校卒業後はオファーのあった東レアローズに入団。2008年6月開催のAVCアジアクラブ選手権において、ベストスコアラー賞を獲得した。

2010年4月、2009-10プレミアリーグよりレギュラーに定着し、同シーズンで初のサーブ賞とベスト6に選出された。また、2010日韓Vリーグトップマッチ、第59回黒鷲旗大会との3冠を果たした。2010年4月全日本代表登録メンバーとなり、同年開催のワールドグランプリ、世界選手権に出場した。

2011年8月のワールドグランプリにおいて11試合スタメン出場した。同年11月のワールドカップではスタメンの座を確保できず、思うような活躍が出来なかった。平成23年度全日本バレーボール選手権決勝戦においてはチーム総得点の約三分の一にあたる32得点を叩きだしチームを優勝に導く。

2012年3月、2011-12Vプレミアリーグで2季ぶりのリーグ制覇に貢献した。同年5月の世界最終予選のキューバ戦で途中出場ながらチーム最多の20得点をあげ、勝利に貢献し五輪出場権獲得した。同年6月、ロンドンオリンピックの代表メンバーに選出された。同年8月11日のロンドンオリンピック3位決定戦で、韓国との相性の良さをかわれ、先発出場。23得点と大活躍し、全日本28年ぶりのメダル獲得に大きく貢献した。当日はリザーブメンバーで家庭事情により急遽帰国した親友の石田瑞穂のユニフォーム(背番号No.13)を中に着て試合に臨んでいた。

2013年11月、右肩痛から復帰し、グラチャンバレーに出場。全日本の新戦術「MB1」により、ミドルブロッカーの対角で活躍。同大会のウィングスパイカー賞第1位になった。

Vプレミアリーグ2013/14シーズンにおいて、得点王(最多得点)となった。日本人プレーヤーが同タイトルを獲得するのは佐々木みき以来10シーズンぶりの快挙である。

ウイングスパイカーとして、主にレフトでプレー。高いジャンプ力で高さのあるアタックを打つ。速いバックアタックが大きな特徴である。

全日本代表の試合において、ネットに近い位置よりもアタックラインに近い位置にボールを上げる方が有効打が多いことがデータに表れているとされている。

厳しかった中学時代の反動で、高校は厳しくない学校を選択してしまったと述べている。

全日本チームのことはテレビなどで知っていたが、東レ・アローズなどプレミアリーグのチームから選抜されていることは、東レ入部後に知ったという。東レが荒木絵里香や木村沙織の所属チームだとはまったく知らなかったと本人がコメントしている。 全日本に初選出された際、厳しいところだと聞いているが、行かないで後悔するより行って後悔したいと述べている。

ストレス解消法として部屋を真っ暗にして気持ちを落ちつかせて、 音楽を聴くことで精神の安定を図る。

子供の頃の夢はお花屋さんになること。

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り。

迫田さおりの出身高校

迫田さおり出身高校
西高校 偏差値 広島県高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
1942位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
性別
女性

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング