近藤直也の出身高校

近藤直也出身高校
竹園高校 偏差値
茨城県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
120位/815人中(プロサッカー選手)
性別
男性
生年月日
1983年10月3日生まれ
プロサッカー選手別偏差値ランキングを見る

近藤 直也(こんどう なおや、1983年10月3日 - )は、栃木県宇都宮市出身のプロサッカー選手。Jリーグ ディビジョン1、柏レイソル所属。ポジションはディフェンダー(CB)。元日本代表。

栃木県宇都宮市出身。父は大学教授、兄は後にキャリア官僚となるエリート一家に生まれ、3歳の時に1年間アメリカで生活した。

帰国後は茨城県つくば市に居住。兄の影響で幼稚園生の時にサッカーを始め、小学校入学後、地元のサッカークラブ「竹園西FC」に入団。2学年後輩にカレン・ロバートがいた。小学5年生の時には柏レイソルジュニアのセレクションに合格したが、本人曰く「小学生だったので柏まで通えないと思った」という理由で入団を断念した。

つくば市立竹園東中学校入学後はサッカー部に所属。中学2年生の夏休みには、知人を介して柏レイソルジュニアユースの練習に参加した。同中学校サッカー部では目立った成績を残せなかったが、1999年、柏レイソルユースのセレクションに合格し、入団を決めた。

同中学校卒業後は、茨城県内屈指の進学校である茨城県立竹園高等学校へ進学。放課後に電車で往復3時間かけて柏市の練習場まで通う生活を送りながらも、学業面は非常に優秀で、高校3年間の成績は5段階評価で平均「4.7」であった。学校からは早稲田大学や慶応大学への推薦入学も勧められたが、プロサッカー選手の道を選び、2002年、トップチームへ昇格した。

2003年、J11stステージ第2節鹿島アントラーズ戦で公式戦初出場。2ndステージ第8節ジュビロ磐田戦で公式戦初得点を記録した。同年、U-20日本代表に選出され、2003 FIFAワールドユース選手権やトゥーロン国際大会に出場。トゥーロンではポルトガルと対戦し、後のバロンドール、クリスティアーノ・ロナウドを完封した。

2004年、レギュラーポジションを獲得し、リーグ戦27試合に出場。U-23日本代表に選出され、アテネ五輪アジア最終予選を戦ったが、本大会メンバーには残らなかった。

2005年、夏にグロインペイン症候群を発症。復帰直後には右膝前十字靭帯断裂の大怪我を負い、長期離脱を余儀なくされた。

怪我を克服した2007年、開幕から順調なパフォーマンスを続け、5月には初めて日本代表候補に選出されたが、直後に再び3ヶ月の負傷離脱。その後も左膝内側側副靭帯損傷などの怪我が相次ぎ、出場機会を大きく減らした。

2009年、徐々に出場機会を増やし、リーグ戦22試合に出場したが、チームは不振に喘ぎ、J2降格の憂き目に遭った。

2010年、完全にレギュラーポジションを取り戻し、累積警告・退場による出場停止を除くリーグ戦全34試合にフル出場。シーズン通算24失点(1試合平均0.67失点)という鉄壁の守備を支え、クラブ初のJ2優勝・1年でのJ1昇格に貢献した。

2011年、チーム最多となるリーグ戦31試合にフル出場。Jリーグ史上初となる昇格初年度でのJ1優勝を達成し、自身もJリーグベストイレブンに初選出された。2011 FIFAクラブワールドカップでも全4試合に出場した。

2012年、日本代表に初選出され、同じ柏所属の田中順也と共にキリンチャレンジカップ・アイスランド戦で国際Aマッチ初出場。10月には左太腿裏肉離れによる負傷離脱もあったが、引き続きレギュラーとしてリーグ戦26試合に出場した。

2015年11月22日に行われた明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第17節 アルビレックス新潟戦の試合後の最終戦セレモニーで2015年シーズンをもって契約を終了することを発表した。

屈強なフィジカルと高い危機察知能力を持つ、対人守備に優れたストッパー。

ディフェンダーながら攻撃意識が高く、相手ディフェンスラインの背後を突くロブパス、一気に中盤を飛ばす鋭いグラウンダーパスなど、硬軟多彩で正確なフィードをフォワードに供給出来る。

その他の公式戦

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング