赤川次郎の出身高校

赤川次郎

赤川次郎 作家

赤川 次郎(あかがわ じろう、1948年2月29日 - )は、日本の小説家。福岡県福岡市博多区出身。血液型はA型。中野区立桃園第三小学校卒、桐朋高等学校卒業。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映社員の赤川孝一。「赤川次郎」は本名である。

3歳の頃に手塚治虫の漫画に影響を受け、小学生の時には漫画を描き始めるも挫折。中学時代に『シャーロック・ホームズの冒険』に出会い、3年生の時に見よう見まねで小説を書き始める。当時よく読んでいたジャンルに影響され、中世ヨーロッパの騎士の物語などを書いていた。空想好きの少年であったようで、恋愛も自分が空想していたとおりであったとエッセイに書いている。

父・赤川孝一は他に家庭を持っていたので別居しており、幼少時もほとんど顔を合わせていなかったが、転勤によって東京に引っ越したため、赤川は小学校の担任の薦めにより中高一貫教育の私立桐朋学園を受験することになる。無事に合格して進学したが、勉強も運動も苦手でなおかつ金銭的にも困窮していたため、楽しい学校生活ではなかった。高校2年生の時に孝一が退社してしまい収入源が完全に断たれたため、大学進学は諦め就職を決意。卒業後は本屋勤務を経て、日本機械学会に就職し、主に雑誌に掲載する学術論文を校正する仕事に従事する。しかし休日には誰かに読ませるあてもないまま、自らのために小説を書き続けていた。25歳で結婚し、2年後に娘が産まれる。この頃プロを目指すことを決意し、シナリオを投稿するようになる。そして天知茂主演のテレビ朝日系テレビドラマ『非情のライセンス』のシナリオ募集に初入選する。1976年、28歳の時に「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、小説家デビュー。1978年には光文社カッパ・ノベルスより出版された『三毛猫ホームズの推理』が異色作として話題を集めヒット作となり脚光を浴びる。30歳の時に退社し、専業作家となり12年のサラリーマン生活を終える。その直後に『セーラー服と機関銃』を発表した。「三姉妹探偵団」シリーズや「杉原爽香」シリーズなど、さまざまな人気シリーズを抱える。難解な表現をあえて避けた優しい文章と軽妙な表現を得意とし、余人に真似ができないスタイルを構築しており、現在でも年に10冊の執筆をするなど創作意欲は衰えない。ストーリー自体は陰惨なものも少なくなく、社会の歪みや虐げられる人々に目を向けることが多い(特に初期作品)[独自研究?]。推理小説(ユーモアミステリー)のほか、ホラーや青春ものなど作品のジャンルは多岐に及ぶ。

思想はリベラル。主人公が校長を「何しろ、入学式、卒業式での〈君が代〉強制はもちろんですけど(以下省略)」と評するシーンもある。公安警察が署名募集運動を装って潜在的な反体制派となり得る人物の名簿を作る陰謀をおこなっていたり、狂信的な独裁国家となった日本でのレジスタンス活動を描いた作品もある[要追加記述]。2012年に橋下徹が、観客動員数が少ないことを理由に文楽事業への補助を打ち切った際には、「動員数で言えばベートーベンはAKB48にも劣るということじゃないか、そんな馬鹿な話があるか」と朝日新聞への投書で批判した。朝日新聞で連載していた芸術評論コラム『三毛猫ホームズと芸術三昧!』は連載中に起きた東日本大震災と福島第一原子力発電所事故を受け内容が時事評論に変貌した(書籍化された際にタイトルも改められている)。

1980年には「上役のいない月曜日」が第83回直木賞候補に推された。また、超人的な多作や、結末を決めずに書き始めるといった発言から、本格志向のミステリマニアとは無縁な存在と思われがちだが[独自研究?]、特に初期作品などは新本格派の作家も評価するものがある。1970年代後半から1980年代前半にかけて、新本格派出現以前のリアリティ重視の時代に名探偵復権を唱えて横溝ブームなどと共に謎解きミステリ復興に道筋をつけた功績は特筆される[独自研究?]。

誕生日が2月29日であるために、1988年に刊行された「三毛猫ホームズ」シリーズのカッパ・ノベルスによる著者紹介では「今年で10歳になった、ということになってしまう」と記載されている。2006年8月に作家生活30年を迎え、執筆作品は480作に達した。その後も著作数は増え続け、2008年には500作、2013年には560作に達している。著作の累計発行部数は3億部を超えており、2013年現在、この発行部数を記録した日本人作家は赤川しかいない。

21世紀の現在、ほとんどの小説家がワードプロセッサやパソコンを用いて作品を執筆している中、頑固なまでに原稿用紙への「手書き」を続けている。本人曰く「手書きの方が早い」とのこと。あまりの多作で同時に複数の連載を抱え、小説の登場人物一覧表を書斎に貼り付けていた時期があった。自身でも混乱をきたすことがあったからと思われる[独自研究?]。 

ユーモアもあり、自らがミステリー小説の中で殺した人物のお墓を実際に作っていることで有名。ちゃんと墓参りもするという。

オペラや演劇鑑賞を行ない論評するなど、芸術評論も物し、評論集が出版されている。

赤川次郎の出身高校

赤川次郎出身高校
桐朋高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
作家ランキング
128位 / 702人中 作家別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1948年2月29日生まれ
血液型
A型

赤川次郎の関連人物

作家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

赤川次郎の評判・つぶやき

  • Znk@年末進行突入中

    Znk@年末進行突入中 2年前

    今日も雨ではないらしい | 餅巾 #pixiv https://t.co/ivlZcmW5LGネタバレになるが赤川次郎先生のアレシリーズみたい、こういう話は刺さる だいすき"
  • 集団ストーカーをやめろ右翼

    集団ストーカーをやめろ右翼 2年前

    ≪文化崩壊も右翼の独裁集団が計画的に仕組んだもの≫小説をみても日本の文化の崩壊は深刻です。赤川次郎のあたりから軽すぎる小説が増加し、更に読めば読むほど読者の感性がダメになるようなラノベが増加しています。文化が力を失うと、右翼思想やファシズム思想が簡単に社会にばっこします。"
  • 紀伊國屋書店Kinoppy

    紀伊國屋書店Kinoppy 2年前

    《文芸》【第九号棟の仲間たち3 さびしい独裁者 〈新装版〉】赤川次郎(著)ホームズやダルタニアンら、おなじみの面々が活躍する好評シリーズ第三弾! #kinoppy #ebook https://t.co/CpyFD42dx7"
  • 松井和翠

    松井和翠 2年前

    本日22時から、第14回(対象:1978年)【エア本格ミステリ大賞】選考会が開催されます。候補作は以下の通りです。『大誘拐』天藤真『亜愛一郎の狼狽』泡坂妻夫『幽霊列車』赤川次郎『匣の中の失楽』竹本健治『十二人の手紙』井上ひさし#"
  • つき指の読書日記by大月清司

    つき指の読書日記by大月清司 2年前

    続いての読了は、赤川次郎『えんじ色のカーテン』、早見俊『七福神斬り』、千野隆司『寺侍市之丞』の三冊、赤川は著名なユーモアミステリー作家、他は時代劇小説作家、赤川は驚くべき切れがあり、他の小説家は面白い切り口のストーリーを描いていました。推奨は全員、赤川次郎、早見俊、千野隆司です。"
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 252

作家一覧

作家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング