豊田英二の出身高校

豊田英二 実業家

豊田英二(とよだえいじ、1913年9月12日 - )は名古屋市出身の日本の実業家であり、トヨタ自動車を「世界のトヨタ」たらしめた人物である。トラック製造が中心だった当時のトヨタ(当時は漢字表記)において、クラウンの開発に乗り出した。これが、トヨタの本格的な乗用車生産へ乗り出す契機となった。豊田佐吉の弟・豊田平吉 平吉の次男。織物工場の家族に生まれ、英二は1933年から1936年まで東京帝国大学(現東京大学)で工学を教わった。この間、従弟である豊田喜一郎が豊田自動織機製作所(現豊田自動織機)内に自動車工場を設立している。英二が学位を取ると、喜一郎は彼をその工場に入れた。会社がその名をトヨタ自動車工業と変えると、同じ年に最初の車が完成したが、生産ラインはゼネラルモーターズの部品を使ったものだった。

豊田英二の出身高校

豊田英二出身高校
旭丘高校 偏差値 愛知県高校偏差値ランキング
実業家ランキング
81位 / 412人中 実業家別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1913年9月12日生まれ

豊田英二の関連人物

実業家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


豊田英二の関連著書

実業家一覧

実業家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング