諏訪哲史の出身高校

諏訪哲史

諏訪哲史 作家

諏訪 哲史(すわ てつし、1969年10月26日 - )は、日本の小説家・随筆家・評論家。

愛知県名古屋市出身。幼少期には宮城県仙台市で5年ほど過ごした。小学校時代から一週間に十冊の本を読んだ。

愛知県立名古屋西高等学校、國學院大學文学部哲学科卒業。大学在学中から卒業後まで独文学者の種村季弘に文学・美術・宗教・思想など広範な分野にわたり個人指導を受ける。卒論は西欧十九世紀末芸術ラファエル前派論。哲学科では美学者の谷川渥にも師事した。

1992年から名古屋鉄道で勤務する傍ら、種村季弘に読んでもらうために詩作を行なう。1998年、名鉄を退社し、2年間引きこもった末に書き上げた初の小説「アサッテの人」で種村季弘に認められる。30歳で再就職。2004年、種村季弘が死去。2006年、諏訪の実父が死去。この時期、亡父と同じ躁鬱病(双極性障害)を発症し、生涯にわたる治療が始まる。失意の内に初めて投稿した「アサッテの人」が、2007年に第50回群像新人文学賞を受賞。同年に同作品で第137回芥川龍之介賞を受賞する。この2つの賞の同時受賞は村上龍以来の31年ぶり。脱稿から8年後の受賞だった。この作品には、幼いころ吃音に苦しんだ経験が投影されている。

変幻自在な文体を駆使し、<自意識の哲学>を追究する作風であると評される。小説集『領土』では詩的な文体と物語の幻想性を同居させている。

2012年刊の『スワ氏文集(すわし・もんじゅう)』ではコラムニスト、随筆家として、2014年刊の『偏愛蔵書室』では詩・小説・漫画などを対象に批評家としての仕事を行なう。谷川渥は『偏愛蔵書室』について、「批評家」諏訪哲史の面目躍如、と評した。

連載中のコラムに、エッセー「スワ氏文集」(朝日新聞名古屋本社版、2008年~、隔週木曜朝刊)、「うたかたの日々」(毎日新聞購読者向け雑誌・毎日夫人、2014年~、月刊)がある。

2009年から6年間愛知淑徳大学で教鞭を執った。

作風や文体など、小説という形式に対して常に疑問を抱き、執念深く自問自答する姿勢から、「小説狂」・「文学的テロリスト」などと評されることもある。

諏訪の随筆によれば、40歳でそれまでの読書量が一万冊を超えたものの、種村季弘は同じ年頃にその倍は読んでいたらしいと思い至り、絶望したとある。。

第137回芥川賞贈呈式(2007年8月22日)では、アカペラで細川たかしの「心のこり」の1番を歌った。

2008年出身地である名古屋市の山田図書館内に飾られた色紙には「TVゲームをしているとき、君は生きていません。本を読んでいるとき、君は生きて、はばたいています。本を持って外へ出かけよう!」という文章が書き込まれている。

高校時代から一人旅を始め、大学時代に鉄道等で日本各県を踏破、海外も50カ国以上を放浪した。

自身も車掌を務めた経験のあるパノラマカー(名鉄7000系電車)の引退に伴い、かつて勤務した名鉄からの依頼により、ホームページの特設サイトにてエッセイを掲載している。

妻は高校の同級生で、23歳の時に彼女が勤務する名古屋市内の書店でばったり再会したことがきっかけで結婚した。

諏訪哲史の出身高校

諏訪哲史出身高校
名古屋西高校 偏差値 愛知県高校偏差値ランキング
作家ランキング
507位 / 702人中 作家別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1969年10月26日生まれ

作家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


作家一覧

作家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング