西邑昌一の出身高校

西邑昌一 サッカー選手

西邑昌一出身高校
甲陽学院高校 偏差値 兵庫県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
26位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1911年11月30日生まれ

西邑 昌一(にしむら しょういち、1911年11月30日 - 1998年3月22日)は、日本のサッカー選手、および指導者。兵庫県出身。辰馬学院甲陽中学校、関西学院大学および早稲田大学卒業。

選手時代はフォワードを務めた。早稲田大学に在籍していた1934年、第10回極東選手権にサッカー日本代表として出場。2戦目のフィリピン代表戦で得点を挙げ、勝利に貢献した。また1936年のベルリンオリンピックの日本代表メンバーにも名を連ねた。

その後指導者となり、国際大会に臨む代表チームの指導にあたるなど、日本サッカーの強化に尽力。1956年からは関西学院大学体育会サッカー部を指揮し、関西学生リーグ・東西王座決定戦で優勝に導いたほか、関学クラブを率いて天皇杯も獲得した。

1976年から1980年まで読売サッカークラブ(現:東京ヴェルディ)の監督も務めた。

1998年3月22日、兵庫県明石市で肺炎により死去した。

西邑昌一の関連人物

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

サッカー選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング