西田暢の出身高校

西田暢 プロ野球選手

西田 暢(にしだ とおる、1944年11月2日 - )は、東京都出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手。

早稲田実業高校では1962年、夏の甲子園都予選準々決勝に進出するが、都五商に敗退。卒業後は早稲田大学へ進学。東京六大学リーグでは在学中3度優勝。1965年にはマニラで開催された第6回アジア野球選手権大会(東京六大学選抜チームが日本代表)に出場、日本の優勝に貢献した。リーグ通算51試合出場、203打数50安打、打率.246、2本塁打、15打点。ベストナイン(遊撃手)2回。大学同期に八木沢荘六投手がいる。

1966年第2次ドラフト会議でサンケイアトムズから2位指名を受けるが拒否し、熊谷組へ入社。1967年から2年連続都市対抗野球大会に出場。1969年には遊撃手として社会人ベストナインに選ばれている。

1969年ドラフト会議で中日ドラゴンズから3位指名を受け入団。1973年にはバート・シャーリーの退団により、その後継遊撃手を広瀬宰、正岡真二と争うが、レギュラーには定着できなかった。

1975年に引退。

西田暢の出身高校

西田暢出身高校
早稲田実業学校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
70位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1944年11月2日生まれ

西田暢の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング