西田吉洋の出身高校

西田吉洋

西田吉洋 サッカー選手

西田 吉洋(にしだ よしひろ、1973年1月30日 - )は、日本プロポケットビリヤード連盟所属のプロポケットビリヤード選手(第44期生)。愛媛県出身。元プロサッカー選手。東京ヴェルディ時代に付けられたキャッチコピーは「爆走機関車」。

小学校3年よりサッカーを始める。南宇和高校時代の1年上に大西貴、同期に實好礼忠がいる。2年次の1989年に高校選手権優勝、3年次に高校総体準優勝に、いずれも大会最多得点をマークする活躍で貢献。

同志社大学在学中には3年次に全日本大学サッカー選手権大会で得点王をマークする活躍で、同校初の決勝戦進出を牽引。また、ユニバーシアード(バッファロー大会)の日本代表フォワードとして活躍した。1995年、卒業と同時にサンフレッチェ広島へ入団。同期に久保竜彦、大木勉、山根巌、吉村光示、萩野英明、三浦和俊、水田月満、玉田真人。当初はフォワードとしてプレーしていた。

京都パープルサンガに在籍していた1996年シーズン途中に右サイドバックにコンバートされてから頭角を現し、日本代表候補にも選出された。

アビスパ福岡に在籍中だった1998年には、J1参入決定予備戦(対川崎フロンターレ)において、ロスタイムにボールを奪い、劇的な同点劇(試合は延長で逆転勝利)のきっかけを作り脚光を浴びた。

2002年は出場機会に恵まれず、シーズン途中にJ1残留争い中だったコンサドーレ札幌に移籍。古巣、東京ヴェルディに恩返しゴールを決めるなど活躍したがチームはJ2降格。降格後も札幌に残留したがその後はふるわず、2003年に戦力外通告を受け退団。移籍先は見つからず事実上の引退となった。

2005年12月14日、地元のクラブ愛媛FCがJ2参入に伴いセレクションを実施、参加するも合格に至らなかった。

2006年6月頃、移り住んだ京都でマイキューを持った友達に誘われてビリヤードと出会う。負けたのが悔しくて一人で練習をするようになった。曲球で世界的に有名な木村義一が経営するビリヤード場「白ばら」(2008年5月末に閉店)のことを行き着けの美容室で知って訪れた。木村の人柄に触れ、同店に通って練習を重ねるようになった。「10月までにマスワリを出す」と宣言し、プロや常連に指導を受けながら10月23日に達成した。

西田吉洋の出身高校

西田吉洋出身高校
南宇和高校 偏差値 愛媛県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
1173位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1973年1月30日生まれ

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング