西村麻子の出身高校

西村麻子 アナウンサー

西村 麻子(にしむら あさこ、1977年10月2日 - )は、毎日放送(MBS)所属のアナウンサー。愛称「あさちゃん」「あさやん」等。

京都府出身、同志社高等学校在学時には、インターハイや国体に出場するなど、陸上競技・短距離の選手として鳴らした。国体女子200mでの優勝経験を持つほか、現在も陸上高校女子200mの京都府記録(24秒53)を保持している。

同志社大学商学部を卒業後の2000年に、一般職で毎日放送に入社。入社直後にアナウンサー職へ転じた。同期入社のアナウンサーに、上田悦子と上田崇順がいる。

毎日放送への入社後は、MBSテレビの情報番組『ちちんぷいぷい』、平日夕方のニュース『VOICE』などのほか、バラエティ番組やラジオ番組にも幅広く出演。2005年12月に同期入社の社員と結婚してからも、旧姓の西村を放送上の名称に使っている。

2006年3月下旬から産休に入って、第1子となる男児を出産。出産後の2007年4月16日に、1度目の職場復帰を果たす。

2007年8月に開催された世界陸上大阪大会では、地元局の女性アナウンサーとして、八木早希とともにテレビの全国中継キャスターに抜擢。同年5月17日の『2時っチャオ!』(TBS制作)では、会場(長居陸上競技場)からの中継リポーターとして、全国デビューを果たした。

また、世界陸上大阪大会の開催前後には、『ちちんぷいぷい』や同大会関連のテレビ番組などでアナウンサーらしからぬ健脚を披露。「日本一足の速い女子アナウンサー」というキャッチフレーズを付けられるに至った(後述)。

2007年10月1日からは、『VOICE』に月~水曜日のサブキャスターとして復帰。しかし、第2子の出産準備のため、2009年9月23日の放送を最後に再び降板。2度目の産休に入った。

第2子出産後の翌2010年4月初旬に再度の職場復帰を果たすと、『ちちんぷいぷい』のニュースキャスターや、『VOICE』のニュースナレーターを担当。また、『ちちんぷいぷい』で「ただいま修行中 大吉京平への道」(後輩アナウンサーの大吉洋平が京都市内の名店で厳しい修業に臨む企画)を放送する場合には、京都弁によるナレーションを披露していた。

2012年10月からは、産前産後休暇に入った先輩アナウンサー・松川浩子の後任で、『VOICE』木・金曜日のサブキャスターを担当。2014年4月以降は再び、月~水曜日のサブキャスターを務めている。

2015年4月からは、『VOICE』のサブキャスターを続けながら、『サタデープラス』(MBSテレビ制作・TBS系列全国ネット番組)の進行アナウンサーに起用されている。通年放送の全国ネット番組にレギュラーで出演するのは、テレビ・ラジオを通じて、毎日放送への入社後初めてである。

西村麻子の出身高校

西村麻子出身高校
同志社高校 偏差値 京都府高校偏差値ランキング
アナウンサーランキング
341位 / 1802人中 アナウンサー別偏差値ランキング
性別
女性
生年月日
1977年10月2日生まれ

アナウンサー偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


アナウンサー一覧

アナウンサー偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング