西村基史の出身高校

西村基史 プロ野球選手

西村 基史(にしむら もとふみ、1962年11月17日 - )は、兵庫県出身の元プロ野球選手(投手)。

尼崎工高から新日鐵広畑に進む。1981年から4年連続で都市対抗に出場(うち2回は補強選手としての出場)。1981年の同大会では、藤高俊彦との投の二本柱で勝ち進むが、準決勝で東芝の菊地恭一に3ラン本塁打を浴び敗退。1983年の同大会でも準決勝に進み先発として起用されるが、この大会に優勝した東芝の黒紙義弘、池田親興(日産自動車から補強)、川端順の継投の前にまたもや苦杯を喫した。1982年アマチュア野球世界選手権日本代表、1983年ロサンゼルスオリンピック予選日本代表に選出されている。新日鐵広畑のチームメートに正田耕三がいた。

1984年ドラフト2位で日本ハムファイターズに指名されて入団。日本ハム時代はワンポイントリリーフを中心に11年間で226試合に登板するなど活躍。1989年10月3日の対ダイエー戦ではウィリー・アップショーへ死球を与え、二塁ベース後方まで走って逃げたが捕まり両軍入り乱れての大乱闘となった。

1995年秋にダイエーへ金銭トレードで移籍し引き続きワンポイントリリーフを中心に登板し、1997年限りで現役引退。

引退後は埼玉西武ライオンズの打撃投手を務め、その後2012年からは同年から活動を開始した富山県のクラブチーム・ロキテクノベースボールクラブの監督に転じた。2013年より同チームのヘッド兼投手コーチに就任。

西村基史の出身高校

西村基史出身高校
尼崎工業高校 偏差値 兵庫県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
3813位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1962年11月17日生まれ

西村基史の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング