西村公一の出身高校

西村公一 プロ野球選手

西村 公一(にしむら こういち、1948年4月10日 - )は、山梨県大月市出身の元プロ野球選手、プロゴルファー。

甲府工業高校3年生時の1966年に4番打者、一塁手として夏の甲子園に出場。準々決勝で小倉工の横山晴久投手に抑えられ敗退。甲子園では.425の打率をあげた。甲府工在学時代の成績は打率.457、本塁打12本。高校同期に深沢修一がいる。

同年の第2次ドラフト1位で阪神タイガースに入団。大型内野手として期待され、1969年に23試合に出場し、プロ初本塁打を記録した。1971年に自己最多の52試合に出場し、後藤和昭、大倉英貴と三塁手のレギュラーを争う。しかし1972年にはウエスタン・リーグの本塁打王に輝いたものの一軍での出場は5試合、1973年は一軍出場なく終わり、同年オフに引退した。

引退後は、プロゴルファーに転身した。

阪神で投手として活躍し、新人王を獲得した西村一孔は実兄。

西村公一の出身高校

西村公一出身高校
甲府工業高校 偏差値 山梨県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2732位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1948年4月10日生まれ

西村公一の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


西村公一の関連著書

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング