西岡清吉の出身高校

西岡清吉 プロ野球選手

西岡 清吉(にしおか せいきち、1937年5月18日 - )は、高知県出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手。

城東高校では三塁手として1955年春夏の甲子園に出場。春の選抜では2回戦(初戦)で高田高に敗れる。夏の選手権は準々決勝に進むが、この大会に優勝した四日市高の高橋正勝投手(巨人)に0-1で完封負け。高校同期に捕手の土居章助がいた。

土居とともに1956年に国鉄スワローズへ入団。1959年はレギュラー三塁手として土居と三遊間を組み、自己最多となる105試合に出場した。しかし1961年に徳武定之が入団し三塁手に定着すると、その後は代打や控え内野手として起用される。1962年の代打での打率は.349の好成績だった。1965年には二塁手として岡嶋博治と併用され、47試合に先発出場。しかし1967年には一軍での試合出場が無く、この年限りで引退した。

西岡清吉の出身高校

西岡清吉出身高校
高知高校 偏差値 高知県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
3152位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1937年5月18日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング