藤沢哲也の出身高校

藤沢哲也 プロ野球選手

藤沢 哲也(ふじさわ てつや、1953年8月3日 - )は、大分県出身の元プロ野球選手(投手)。

鶴崎工業高校では、3年生時の1971年にエースとして夏の甲子園予選に出場。県予選、中九州大会を通じ6試合に無失点を記録、55三振を奪う。甲子園出場を決めた中九州大会決勝では尾西和夫、春日祥之輔のいた中津工と対戦し、ノーヒットノーランを演じた。しかし本大会では1回戦で静岡学園に敗退。この試合では制球を乱し、2イニングを投げたのみに終わった。

同年のドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。ノーワインドアップから、快速球を思い切って投げる。また外角へカーブ、シュート、内角へ速球を投げてゆさぶる投球が特徴。 1974年10月14日の長嶋茂雄の引退試合で一軍初登板を果たし、この年三冠王の王貞治から三振を奪った。中日での登板はこの1試合のみに終わり、1975年オフに西岡三四郎との交換トレードで星野秀孝と共に南海ホークスに移籍。南海でも1979年の1試合のみの登板に終わり、1980年オフに引退。

現在は社会人野球クラブチームの大分ソーリンズ野球倶楽部で投手コーチを務めている。また、母校の鶴崎工業高校野球部OB会会長を務めている。

藤沢哲也の出身高校

藤沢哲也出身高校
鶴崎工業高校 偏差値 大分県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
3481位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1953年8月3日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング