藤本和宏の出身高校

藤本和宏 プロ野球選手

藤本 和宏(ふじもと かずひろ、1947年11月28日 - 不詳)は、山口県出身の元プロ野球選手(投手)。

1967年にドラフト外で西鉄ライオンズへ入団。しかし、1軍での登板試合数は少なく、勝ち星も挙げられなかった。1969年を最後に西鉄を自由契約となり、翌年広島東洋カープに拾われる。

広島1年目も成績は西鉄時代と変わらなかったが、1971年は、6月に初勝利を挙げると、同じ月に初完封を達成。続いて8月19日の中日戦では打者に四球を与えたのみで安打は許さず、外木場義郎に続いて広島2人目のノーヒットノーラン達成者となる。同年8月29日のヤクルト戦でも1安打完封と好投した。最終的にはタイミングをはずすカーブを軸とした投球で10勝6敗、防御率1.71をマークし、最優秀防御率のタイトルを獲得する。

翌年以降は、勝ち星がつかず成績が落ちていき、1974年に現役引退した。現役生活の中で藤本に勝ち星が付いたのはタイトルを獲得したその1971年だけで、このような記録を持つ選手は藤本ただ一人である。

現在の彼の消息は知られておらず、1999年に広島市民球場におけるカープ主催全試合で行われた創立50周年記念イベントの、歴代カープOBによる始球式にも姿を見せなかった。カープOB会名簿においても彼の現況は空欄となっている。

球種は大きなカーブ、シュート。

藤本は1971年8月19日にノーヒットノーランを達成した。広島ファンの歓声の中、27人目の打者新宅洋志を、この日106球目となる内角高めの速球で左翼ファウルフライ併殺(一塁走者の江島巧がアウトカウントを勘違いして塁から飛び出したまま戻れず、アウトとなったため)に仕留めた。

藤本はベンチ裏の食堂でシャンペンで同僚の祝杯を受けた後、その足でプレスルームにおいて報道陣から取材を受ける。しかし、それまで全く実績を残しておらず自由契約も経験していた藤本は記録達成の実感が持てなかったのか、終始無表情であった。

備前喜夫ピッチングコーチが「カーブのコントロールが悪いのでストレートを狙い打ちされる」と藤本を批判していたように、首脳陣からの信頼度は決して高い投手ではなかった。事実、この日も初回から島谷金二にフルカウントからの四球を出している。2回は女房役の水沼四郎の満塁本塁打、3回にも2点の援護があったが「大量点を貰った時は、どうもよく代えられるケースが多い」と、かえって自信を持てずにプレーしていた。だが「球が速く、アウトコースへの直球が決まった」ことに拠り所を求め、中盤からは欲と自信が沸いてきたという。

その後に藤本は「西鉄時代は遊んでいただけだからクビも当然のこと。あのままでは、今日の僕はなかった。カープに入って日南キャンプで走り込み、これが今日の投球の組み立てにも役立ったと思う」と、テスト生の立場から這い上がって得た栄光を振り返っている。また対戦相手の中日については、それまで藤本が挙げていた4勝の内2勝が中日戦ということもあり「相性が良いのでしょう」と述べている。対戦打者の木俣達彦も「球が速く、ストレートを主体に押してきた。コーナーをよく突く投球もよく決まり、力負けした」と藤本の投球を褒め称えた。

藤本和宏の出身高校

藤本和宏出身高校
光高校 偏差値 山口県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2028位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1947年11月28日生まれ

藤本和宏の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


藤本和宏の関連著書

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング