藤本典征の出身高校

藤本典征 プロ野球選手

藤本 典征(ふじもと のりゆき、1944年7月29日 - )は、昭和後期から平成期(1960年代後半~2000年代前半)のプロ野球選手、プロ野球審判員。元パシフィック・リーグ審判部長。佐賀県出身。佐賀県立伊万里高等学校卒業後、1963年に投手として広島東洋カープ 広島カープに入団も、肩を痛め一軍出場はなし。引退後、晃商事を経て1969年パ・リーグ審判部に入局。審判員袖番号は24(1977年初採用から。指導員に転じた2002年以降もつけていたが専任となった2003年から返上し以降空き番。)。1978年、34歳にして日本シリーズ (野球) 日本シリーズ初出場を果たすと、以降1978年から1988年まで11年連続日本シリーズ出場と、シリーズの常連審判となった。1998年から2001年まで審判部長をつとめ、通算3258試合出場、オールスター7回出場、日本シリーズ14回出場という大記録を打ち立て、審判部長の座を2002年に永見武司に譲り、同年引退。現在はパ・リーグ審判指導員である。

藤本典征の出身高校

藤本典征出身高校
伊万里高校 偏差値 佐賀県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2608位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1944年7月29日生まれ

藤本典征の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング